【12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:プラチナ特典で驚きのスイートルームにアップグレード!

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:プラチナ特典で驚きのスイートルームにアップグレード!

今回は「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア(Westin New York Times Square)」の宿泊記をお送りします。2018年夏休みのニューヨーク旅行の5泊目、最後のホテルとし選択しました。「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」はマリオット&SPG系列のホテルです。「SPGアメックス」で貯めたポイントを利用して、ポイントでの無料宿泊としてこちらのホテルを利用しました。マリオット&SPGの「プラチナ会員」としての宿泊になりますので、アップグレードに期待がかかるところです。当記事では、チェックインからアップグレードの結果、お部屋の様子まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア(Westin New York Times Square)とは

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア(Westin New York Times Square)」は世界的なホテルグループである「マリオット&SPG」系列のホテルです。

ブランドとしては、その名前のとおり「ウェスティン」となります。「ウェスティン」のホテルは、日本にも何軒かありますので、馴染み深いブランドですよね。

私自身も、「ウェスティンホテル東京」には何度もお世話になっており、お気に入りのホテルのひとつです。

 

マリオット&SPGグループでは、ホテルのグレードをカテゴリーで表しており、「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は、カテゴリー6のホテルとなります。

最高位はカテゴリー8ですので、上から3つめ、やや高級なホテル、という位置付けになります。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:場所とアクセス

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は、ニューヨークで最も有名な観光地である「タイムズスクエア」から徒歩圏内の場所に位置しています。「タイムズスクエア」の西側に位置しており、「タイムズスクエア」までは2ブロックほど、徒歩で5-6分でアクセス可能です。

また、「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の周辺にはブロードウェイがあり、ミュージカルの劇場も多く存在しています。

さらに、ニューヨークの巨大バスターミナルである「Port Authority Bus Terminal」にも隣接しています。「Port Authority Bus Terminal」からは、ニューヨーク近郊のアウトレットモールである「ウッドベリーコモン」行きのバスも出発しますので、アウトレットショッピングに最適です。

 

以上から、「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は、観光にも、ショッピングにも、ミュージカル鑑賞にも、とても便利なホテルということが言えます。

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は、ホテルの公式HPで、以下のように紹介されています。

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエアは、アクティビティーに満ちた大都会の中心に位置しております。スリリングなスポットから、グルメレストランやスター総出演の華やかなブロードウェイのショーまで、ニューヨークはどなたの思い出にも残る街です。また、ウェスティンワークアウト フィットネススタジオでの爽快なエクササイズ、ランコンシェルジュがご案内するランニングコース、「Foundry Kitchen」でのエネルギー補給など、ご滞在中には多彩でよく考えられた充電やリフレッシュの機会が用意されています。街で活動的に過ごした一日のフィナーレには、癒しの空間が広がるホテルのお部屋で安らぎに包まれ、元気を回復するひとときをどうぞ。柔らかなパイル地のバスローブを身にまとい、iPodを備え付けのスピーカーに差し込んだら、Heavenly® Bed(ヘブンリーベッド)にもぐりこんで、夢のような寝心地をご体感ください。

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:公式HP

 

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の最寄り駅は、地下鉄の「Times Sq – 42 St」となります。駅からは徒歩5-6分程度の距離となっています。

<アクセス(地下鉄)>

  • 地下鉄「Times Sq – 42 St」駅:徒歩5-6分程度

 

我々は、前日に「セントレジス・ニューヨーク」に宿泊しており、ホッピングでこちらのホテルを利用しました。JFK国際空港からタクシーを利用してアクセスする場合は、以下の記事もご参照ください。

 

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の周辺地図はこちらになります。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:予約したお部屋とコスト

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:利用したポイント数

今回、こちらの「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は、前述のとおり、マリオット&SPGのカテゴリーでは「カテゴリー6」のホテルになります。

「カテゴリー6」の場合、無料宿泊に必要なポイント数は50,000マリオットポイント(スタンダードシーズン)となっています。

ただし、我々が予約した時点では、マリオット&SPGがプログラム統合する前で、旧「SPG(スターウッド)」の「カテゴリー6」として予約しました。ですので、無料宿泊に必要なポイント数は20,000スターポイント(=60,000マリオットポイント)となりました。

今から比べると、ちょっと損していますね(涙)。

 

マリオット&SPGのプログラム統合にご興味のある方は、こちらの記事もご参照ください。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:予約した客室のカテゴリーとコスト(費用)

予約した客室のカテゴリーは、「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の中で一番スタンダードである「トラディショナルルーム」でした。

<客室のカテゴリーと無料宿泊に必要なポイント数>

  • トラディショナルルーム:20,000スターポイント(=60,000マリオットポイント)

 

スターポイントを利用した無料宿泊の場合は、税金等はかかりません。しかしながら、こちらの「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」は「ディスティネーションフィー」を設定しており、1室あたり25ドルの支払いが必要となりました。

<必要なコスト(費用)>

  • ディスティネーションフィー:25ドル

 

完全無料とならず、ちょっと残念です。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:ホテルの外観とロビーの様子

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の宿泊記をお送りしていきます。まずは、ホテルの外観とロビーの様子です。

スポンサーリンク

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:ホテルの外観

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」のホテルの外観はこんな感じです。ガラス張りの近代的なビルに入居しています。

 

下から見上げるとこんな感じです。最上階が45階ということで、かなりの高層ビルであることがわかりますね。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:ロビーの様子

それでは、早速「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」の中に入ってみましょう。入り口は、道路に面した1階になっています。

 

1階にはクロークとちょっとしたロビーがあり、エスカレーターでロビー階に向かう形になります。大型ホテルのため、エントランス付近は、いつも人で混雑していました。

 

ロビー階に上がると、レセプションがずらずらっと並んでいます。さすが大型ホテル、といった感じですね。 列も見渡してみると、「SPG」という絨毯が敷かれた、会員向けの列もちゃんと用意されていることがわかります。

 

レセプションの背面は、ロビーとなっています。ソファーやテーブルがいくつも並べられており、ゆとりあるリラックススペースとなっていました。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:チェックインの様子とアップグレードの結果

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:チェックインの様子

そんなこんなで、さっそくチェックインをしましょう。せっかくなので「SPG」と書かれた会員専用のレーンで実施することにしました。ちょっとだけ特別な気分です。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア:アップグレードの結果

我々はマリオット&SPGにおけるプラチナ会員としてこちらのホテルに宿泊しました。上級会員になるとアップグレードの特典を受けられるため、チェックインの際は、いつもドキドキです。

そして、気になるアップグレードの結果はというと、

「トラディショナルルーム」から「コーナースイート」への超絶アップグレードに成功しました!

前日の「セントレジス ・ニューヨーク」に続いて、2連続でのスイートルームへのアップグレードとなりました。

 

そして、もちろん、プラチナ会員の特典による無償アップグレードですので、追加コストは発生していません。ありがたいことです。

 

ちょっといやらしいですが、我々が宿泊した日付で「コーナースイート」の料金を調べてみました。すると、税込で「819USD」となっていました。日本円では「約9万円」です。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:コーナースイート
  • 必要な現金(税込):819USD(=約90,090円)

 

「約9万円」の価値がある素晴らしいお部屋に無料で宿泊できたということになります。

ニューヨーク旅行最終日に素晴らしいお部屋をアサインしていただき、ニューヨーク旅行全体を楽しい思い出で締めくくることができました。ありがとうございます。

 

こちらは、いただいたお部屋のキーです。「タイムズスクエア」や「ブロードウェイ」に近いせいか、キーのデザインも、派手派手ですね(笑)。

 

スポンサーリンク

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:「コーナースイート」お部屋レポート

それではここからは、アップグレードしていただいた「コーナースイート」のお部屋の様子をご紹介していきたいと思います。アサインいただいたお部屋は40階になります。かなりの高層階ですね。

コーナースイート:リビング&ダイニングルーム

「コーナースイート」の入り口を開けるとこんな感じです。ちょっとした玄関スペースがあり、右手がバスルーム、左手にお部屋が続くという構成で、玄関スペースの背面には一つ目のクローゼットもあります。

 

お部屋側に入っていくとこんな感じです。正面はリビングルームとなっています。大型の液晶テレビに、大型のソファーセットとローテーブルが用意されています。4人ぐらいでも余裕でくつろぐことができる広さがあります。

 

そして、奥側はダイニングルームになっています。4人がけのダイニングテーブルが用意されており、食事などをいただけるようになっています。こちらのお部屋はコーナールームということで、お部屋の2面に大きく窓が取られており、とても明るく、開放感のある空間となっています。

 

お部屋の色調は、白をベースに、グレーやゴールドがあしらわれており、モダンでおしゃれな中にも、高級感がありますね。

 

寝室は別の部屋となっており、リビングルームの右奥からアクセスできるようになっています。

 

コーナースイート:寝室

寝室はこんな感じです。キングサイズのベッドが1台、どどんと置かれています。ウェスティンご自慢のヘブンリーベッドです。広さも十分ですね。

ベッドメイキングはいつもながら完璧です。ふかふかのふわふわ。気持ちよさそうです。右手には大型のクローゼットもあります。クローゼット2つ目ですね。

 

また、寝室にも液晶テレビが置いてありますので、お部屋全体では、テレビが2台という計算になります。贅沢です。

 

 

コーナースイート:眺望

こちら「コーナースイート」で何よりも素晴らしいのが「眺望」です。40階という高層階から、ニューヨークの摩天楼の、素晴らしい絶景を楽しむことができます。窓の向こうの風景が、すでに絵葉書のようですね。

 

こちらは、ホテルの北側。若干レトロな雰囲気の高層ビルが立ち並んでいます。ニューヨークっぽい風景ですね。映画やドラマでみるニューヨークのイメージそのままで、感動です。

 

こちらはホテルの西側。高層ビルが少なく、ハドソン川まで眺めることができます。素晴らしいですね。

 

こちらは、ホテルの南側。世界の金融の中心、ウォール街方面です。北側よりも近代的な高層ビルが目立ちます。

 

2面が窓になっているということで、3方向、それぞれ特色の異なるニューヨークの風景を眺められるというのは、とても贅沢ですね。

 

こちらのお部屋からの眺望は、昼間も綺麗ですが、夜もとても綺麗でした。

こちらは、ホテルの北側の風景ですが、ビルの明かりとネオンが灯り、とてもきらびやかです。部屋の電気を消すと、宙に浮いているような、とても不思議な気分を味わうことができました。

 

コーナースイート:バスルームとアメニティ

さて、続いては気になるバスルームとアメニティをご紹介します。

バスルームはこんな感じです。シンクは意外なことにシングルボールでした。ただ、横幅は広く、ゆとりがあります。トイレもユニット形式で、同じエリアに存在します。

 

そして、さらに意外なことに、バスタブの用意はなく、シャワーオンリーとなっていました。お風呂大好きな私としては、ちょっと残念・・。ただ、アメリカの方は、それほど気にしないのでしょうね。

 

シャワールームはこんな感じです。天井付きのレインシャワーと、可動式のハンドシャワー、両方が用意されています。使い勝手はとても良いです。

 

アメニティはこんな感じです。ブランドは「White Tea Aloe」ということで、ウェスティンのオリジナルブランドです。世界で共通ですね。シャンプー、コンディショナー、ボディウォシュ、ボディローションの定番4品と、マウスウォッシュが用意されています。

 

コーナースイート:その他設備

続いては、その他設備をご紹介していきたいと思います。

こちらは、玄関横に用意されているミニバーのコーナーです。

 

コーヒーはスターバックス。加えて、お水のぺットボトルも用意されています。どちらも無料で利用することができます。すぐ下には、金庫(セーフティーボックス)も見えますね。

 

こちらのさらに下段には、冷蔵庫の用意もあります。ただし、冷蔵庫はこちらのように、有料のドリンクですでにいっぱいです。自分のものを格納するスペースはなさそうです・・。

 

こちらは、一つ目のクローゼットの中。バスローブが用意されています。ちゃんと二人分用意されていました。物としては、しっとりとした手触りのきめの細かいタイプ。使い心地抜群です。

 

スポンサーリンク

コーナースイート:利用した感想

今回は「トラディショナルルーム」から「コーナースイート」への超絶アップグレードをしていただき、終始夢心地の宿泊になりました。

しかも、前日の「セントレジス ・ニューヨーク」から、2連続でのスイートルームへのアップグレードですから、幸せな気持ちでいっぱいです。

特に、今回アサインいただいた「コーナースイート」は、眺望が本当に素晴らしく、ニューヨーク旅行の最終日に、最後の最後まで、ニューヨーク感を満喫することができました。

以前は、海外旅行において、ホテルの良し悪しはそれほど重要視していなかったのですが、ホテルおよびアサインいただくお部屋によって、旅行自体の満足度が大きく変わることを、最近とても実感しています。

いずれにしても、プラチナチャレンジを実施し、プラチナ会員になっていなければ、スイートルームへの宿泊など、経験できなかったことだと思います。いつもながら、ホテル宿泊の楽しみ方を教えてくれた「SPGアメックス」には感謝感謝です。

 

マリオット&SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)に簡単になる方法

マリオット&SPGの上級会員である「ゴールド会員資格」を簡単に獲得する方法があります。それは「SPGアメックス」を保有することです。

SPGアメックスは、もれなくマリオット&SPGのゴールド会員資格を獲得できることや、2年目以降の継続で無料宿泊特典が獲得できるなどの豊富な特典により、近年、急速に人気を高めています。

 

私の場合は、マリオット&SPGの「ゴールド会員」となった後に「プラチナチャレンジ」を実施することで、マリオット&SPGの「プラチナ会員」の資格も獲得しました。

 

プラチナ会員になると、マリオット&SPGのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになり、また、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まるため、SPGでのホテル宿泊をより楽しむことができます。

 

ニューヨーク旅行2018のスケジュール

今回の記事は、2018年夏休みのニューヨーク旅行の一部としてご紹介しました。今回のニューヨーク旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、5泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(成田)からニューヨーク(JFK)に移動(JL4便)、シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊
  • 2日目:ザ・リッツ・カールトン セントラルパーク宿泊
  • 3日目:JWマリオット・エセックス・ハウス・ニューヨーク宿泊
  • 4日目:セントレジス・ニューヨーク宿泊
  • 5日目:ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア宿泊 <=今ここ
  • 6日目:ニューヨーク(JFK)から東京(羽田)に移動(JL5便)

 

今回のニューヨーク旅行は、陸マイラー活動で貯めたマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で豪華な旅を実現しています。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア 宿泊記:プラチナ特典で驚きのスイートルームにアップグレード!のまとめ

今回は「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア(Westin New York Times Square)」の宿泊記をお送りました。

記事の中でご紹介したとおり、一番スタンダードなお部屋から、スイートルームにアップグレードしていただき、感無量の宿泊となりました。

特に、40階という高層階から、3方向の景色を楽しむことができるという眺望は、「素晴らしい」の一言でした。

ニューヨーク旅行の最後の最後まで、ニューヨーク感を満喫することができ、とても良い思い出になりました。

次回は、プラチナ特典としていただくことができた「朝食」と、ディスティネーションフィーで利用した「バー利用」などについてご紹介したいと思います。

 

次の記事==>

 

<==前の記事

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: