【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

モッピーがマリオットボンヴォイへポイント交換開始!交換レートから所要日数、お得度、注意点まで解説!

モッピーがマリオットボンヴォイへポイント交換開始!交換レートから所要日数、お得度、注意点まで解説!

ポイントサイトの「モッピー 」から世界的なホテルチェーンである「Marriott(マリオット)」へのポイント交換が2020年12月16日からスタートします。これは、日本国内のポイントサイトとしては初の試みで快挙とも言える内容になっています。当記事では、気になる交換レートと所要日数、お得度、注意点などを解説していきたいと思います。

更新履歴(2020年12月16日):マリオットボンヴォイのポイントへの交換スタート!

モッピーからマリオットボンヴォイへのポイント交換開始は2020年12月16日から

ポイントサイトの「モッピー 」から世界的なホテルチェーンである「Marriott(マリオット)」へのポイント交換がスタートするのは、2020年12月16日からとなります。

モッピーの公式サイト上の特設ページ、および、運営会社である「セレス」のプレスリリースとしても発表されています。こちらは、プレスリリースからの抜粋となります。

当社が運営するポイントサイト「モッピー」において、マリオット・インターナショナル(本社:米国メリーランド、社長兼最高経営責任者:アーニ・ソレンソン)と提携し、同社が提供する「Marriott Bonvoy™ポイント(以下Marriott Bonvoyポイント)」とのポイント交換を、国内ポイントサイトとしては初めて開始することをお知らせいたします(※1)。なお、ポイント交換は2020年12月16日より開始となります。※1:当社調べ(2020年12月11日時点)

株式会社セレスのプレスリリース

 

ポイントサイトの「モッピー 」で獲得したポイントは、銀行に出金することで現金化できる他、ANAマイルやJALマイルにも高いレートで交換することができます。

このポイントの交換先のひとつとして、マリオットヴォンボイ(Marriott Bovoy)のポイントが追加になるということになりますね。

 

マリオットのポイントの代表的な使い道が、ポイントを利用したホテルの「無料宿泊」です。

 

モッピーのポイントを貯めることで、これまでのようにマイルで「飛行機代」をカバーできるだけでなく、今後はマリオットのポイントで旅行先での「ホテル代」もカバーできるようになります。

旅行好きにとって、「モッピー」はますます目を離せない存在になりそうですね。

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

「マリオットボンヴォイ」には登録料・年会費など無料で利用することができます。まだ入会していない方はこちら公式サイトから新規登録しましょう。

「マリオット公式サイト」はこちら!

 

モッピーからマリオットボンヴォイへのポイント交換:制度概要

モッピーのポイントからマリオットのポイントへの交換の制度概要は以下になります。

まず、気になる交換レートは、モッピー の1ポイントに対して「1Marriott Bonvoyポイント」となります。

 

モッピーの1ポイントは1円の価値がありますので、「モッピーの1ポイント=1円=1Marriott Bonvoyポイント」という図式になります。

交換手数料は「無料」で、交換日数は「1日~2日」と非常にスピーディーですね。

一度に交換できるポイント数は「1,000ポイント」から「50,000ポイント」までとなっています。モッピーのポイントは、一度交換すると次の交換まで24時間待つ必要がありますので、1日あたりの交換上限は「50,000ポイントまで」ということになります。

 

ただし、それ以外に交換上限は設けられていませんので、年間の交換上限は理論上「18,250,000ポイント(=50,000P x365日」ということになります。

<ポイント交換概要>

  • 交換レート:
    • 1P=>1Marriott Bonvoyポイント
  • 交換手数料:
    • 無料
  • 交換日数:
    • 1日~2日
  • 交換可能ポイント:
    • 1,000P、3,000P、5,000P、10,000P、30,000P、50,000P
  • 交換上限:
    • なし(1日あたり50,000ポイントまで)

 

モッピーからマリオットボンヴォイへのポイント交換:交換レートのお得度とオススメの活用方法

マリオットポイントのポイント単価(通常時)

マリオットのポイントは、実はマリオットの公式サイトから購入することができます。

購入する場合のレートは固定で「1,000ポイント=12.50US$」です。「1ドル=105円」で試算すると、「1,000ポイント=12.50US$=1312.5円」となり、ポイント単価は「1Marriott Bonvoyポイント=約1.31円」となります。

モッピーからマリオットのポイントに交換する場合のレートは「1Marriott Bonvoyポイント=1円」でしたので、モッピーの交換レートはマリオットの公式サイトから購入するよりも3割ほど「有利」と言えますね。

 

マリオットポイントのポイント単価(セール時時)

ただし、上記の例はマリオットのポイントを「定価」で購入した場合の例です。

実は、マリオットは定期的(年3回から4回)に「ポイント購入セール」を実施しており、定価よりも割安にポイントを購入することができます。

 

直近では、2020年11月26日から2020年12月22日までの期間で「50%増量(33.3%割引)」となるポイント購入セールを実施しており、この時の購入レートは「2,000ポイント+1,000ボーナスポイント=25.00US$=2,625円」となります(ポイント増量は2,000ポイント以上を購入した場合のみ、1ドル=105円前提)。

この場合、ポイント単価は「1Marriott Bonvoyポイント=約0.875円」となりますので、モッピーの交換レートよりも12%ほど「割安」になるということがわかります。

 

通常時はモッピーからポイント交換、セール時はマリオット公式からの購入がお得

以上から、マリオットでセールを実施していない「通常時」はモッピーから交換した方が「有利」ですが、マリオットでセールを実施している「セール時」はマリオット公式から直接購入した方が「割安」ということになりますね。

交換レートのお得度をまとめると以下のようになります。

<交換レートのお得度>

  • 通常時はモッピーから交換がお得
    • モッピーから交換:1Marriott Bonvoyポイント=1円
    • マリオット公式から購入:1Marriott Bonvoyポイント=約1.31円
  • セール時はマリオット公式から購入がお得
    • モッピーから交換:1Marriott Bonvoyポイント=1円
    • マリオット公式から購入:1Marriott Bonvoyポイント=0.875円

 

ポイント購入の上限を超える場合にはモッピーからの交換がオススメ

ただし、ポイント購入にも弱点があります。それは、年間の購入上限が定められているという点です。通常は「50,000ポイント」までで、セール時は特例で「150,000ポイント」まで購入上限が引き上げられることがあります。

そのため、マリオットのポイントが必要な場合、基本的には「ポイント購入セール」を活用し、購入上限に到達後もさらにポイントが追加で必要な場合にモッピーからのポイント交換を利用するというのがオススメです。

オススメの活用方法をまとめると以下のようになります。

<オススメの活用方法>

  • 基本的には「ポイント購入セール」を活用する
  • 購入上限に到達後もさらにポイントが追加で必要な場合にモッピーからのポイント交換を利用する

 

モッピーからマリオットボンヴォイへのポイント交換:マイル取得が目的の場合は要注意

マリオットのポイントは、ANAやJALを含む世界40以上の航空会社のマイルに交換できるのが特徴になっています。

 

ポイントの自由度の高さとしては驚異的であり、このことから、マイルへの交換を最終目的としてマリオットのポイントを貯めている方も多いと思います。私も、シンガポール航空へのマイル交換などによく活用しています。

マリオットのポイントをマイルに交換できる航空会社と交換レートは以下になります。

<マイルに交換できる航空会社と交換レート>

航空会社のマイレージプログラム ポイント : マイル
エーゲ航空 3:1
アエロフロート ボーナス 3:1
エアロメヒコ クラブプレミエ 3:1
エアカナダ アエロプラン 3:1
エアチャイナ フェニックスマイル 3:1
エールフランス/KLM フライングブルー 3:1
ニュージーランド航空Airpoints™ 200:1
アラスカ航空 Mileage Plan® 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ 3:1
アメリカン航空 3:1
アシアナ航空アシアナクラブ 3:1
アビアンカ航空 LifeMiles 3:1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club 3:1
アジアマイル 3:1
中国東方航空イースタンマイルズ 3:1
中国南方航空 3:1
コパ航空 ConnectMiles 3:1
デルタスカイマイル 3:1
エミレーツスカイワーズ 3:1
エティハド ゲスト 3:1
フロンティア航空EarlyReturns® 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles® 3:1
Iberia Plus 3:1
InterMiles 3:1
日本航空 (JAL) マイレージバンク 3:1
ジェットブルー航空TrueBlue™ 6:1
大韓航空スカイパス 3:1
LATAM航空 LATAMPASS 3:1
ルフトハンザ Miles & More 3:1
Multiplus 3:1
カンタス フリークエントフライヤー 3:1
カタール航空プリビレッジクラブ 3:1
サウディア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
南アフリカ航空 Voyager 3:1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards 3:1
TAPポルトガル航空 3:1
タイ国際航空 3:1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 3:1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club 3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3:1

 

ANAやJALなど、多くの航空会社のマイルへの交換レートは「3:1」となっていますが、60,000ポイントまとめて交換することで5,000マイルがボーナスを加算されるため、25,000マイルを獲得することができます。

仮に、モッピーのポイントを利用して交換した場合は「60,000P=60,000Marriott Bonvoyポイント=25,000マイル」という関係になります。

ただし、ANAマイルおよびJALマイルを獲得したいという場合には注意が必要です。モッピーのポイントを持っている方は、マリオットのポイントを経由するより、ANAマイルおよびJALマイルに直接交換した方がお得になります。

 

モッピーのポイントは、陸マイラー御用達の「TOKYUルート」を利用することで「75%」のレートでANAマイルに交換することができます。「60,000P=>45,000ANAマイル」となりますので、マリオットのポイントを経由するより「TOKYUルート」の方がお得であることがわかりますね。

また、モッピーでは「JALマイルドリームキャンペーン」「ANAマイルエクスプレスキャンペーン」を実施しており、キャンペーン条件をクリアすることで、JALマイルに「80%」、ANAマイルに「86.3%」のレートでそれぞれ交換することができます。この場合も、当然ながらマリオットのポイントを経由するよりお得になります。

まとめると以下のようになります。

<モッピー起点のマイル化ルート>

  • マリオットポイント経由(約42%)
    • 60,000P=>25,000ANA/JALマイル
  • TOKYUルート(75%)
    • 60,000P=>45,000ANAマイル
  • JALマイルドリームキャンペーン(80%)
    • 60,000P=>48,000JALマイル
  • ANAマイルエクスプレスキャンペーン(約86.3%)
    • 60,000P=>51,750ANAマイル

 

ANAマイルとJALマイルの獲得が最終目的の場合は、マリオットポイントを経由せず、それぞれのマイル化のルートを活用するようにしましょう。

 

マリオットボンヴォイのポイントを使うなら無料宿泊特典の利用がオススメ

ポイント単価が高くなるホテルや日程での利用がお得

マリオットのポイントの使い道としてオススメなのが無料宿泊特典として利用することです。

利用するホテルや日程などでも異なりますが、概ね「1Marriott Bonvoyポイント=1円」以上の価値で利用することができます。

 

中でもお得度が高くなるのが、新しくオープンして間もないホテルや、年末年始やGWなどの繁忙期での利用です。

たとえば、2020年11月に開業したばかりの「HOTEL THE MITSUI KYOTO」は、カテゴリー7のホテルです。無料宿泊に必要なポイント数は、「50,000から70,000ポイント」となります。

<無料宿泊に必要なポイント数>

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

 

2021年1月30日は「ハイシーズン」となりますので、無料宿泊に必要なポイント数は「70,000ポイント」となりますが、有償の場合も高額で「188,255円」となります。

 

この場合、ポイント単価は「約2.7円」となりますので、モッピーで交換可能な「1Marriott Bonvoyポイント=1円」の価値を大きく超えてきますね。

せっかくマリオットのポイントを利用するなら、お得となるホテルと日程を狙って有効活用していきましょう。

MEMO

ポイントを利用した無料宿泊の場合、4泊分を一度に交換すると5泊目が無料になるという特典があります。これにより、5連泊で利用可能な場合は、有償よりもポイント宿泊がよりお得になる可能性が高くなります。こちらも覚えておくと良いですね。

 

マリオットボンヴォイのホテルに宿泊するならSGPアメックスの発行もオススメ

マリオットボンヴォイのホテルに宿泊するなら「SPGアメックス」の発行もオススメです。

SPGアメックスを発行すると、マリオットボンヴォイの上級ステータスである「ゴールド」を獲得できますので、ホテル宿泊時にエリート特典を満喫して快適に過ごすことができます。

SPGアメックスは年会費が「31,000円+税」となかなかに高額設定にはなっていますが、2年目以降の継続で1泊分の無料宿泊特典(50,000ポイントまで)を獲得できますので、年会費の負担を相殺することができます。

<SPGアメックスの主な特典>

  1. マリオットボンヴォイの「ゴールド会員資格」を、自動的に獲得
  2. カード継続で毎年、無料宿泊特典を獲得
  3. クレジットカード決済で、ポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  4. 世界40以上の航空会社のマイルに交換可能
  5. 実質無期限のポイント有効期限
  6. エリート会員資格獲得用クレジットを獲得

 

さらに、初年度については「紹介プログラム」を利用することで、最大「39,000ポイント」を獲得することができますので、初年度の年会費負担もカバーすることができます。

SPGアメックスの特典の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

 

また、マリオットの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」へは、入会キャンペーンを利用することで「2滞在で1泊分の無料宿泊特典」を獲得することができます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ポイントサイト「モッピー」への入会はキャンペーン利用がお得

ポイントサイトのモッピー(moppy)とは

モッピー(moppy)は、株式会社「セレス」が運営するポイントサイトです。

内職や副業、お小遣い稼ぎを目的としたポイントサイトとして人気が高く、累計会員数800万人以上を誇る、日本最大級のポイントサイトです。また、2005年設立ということで、15年以上の歴史があります。

 

モッピーは規模も大きく、歴史もあるポイントサイトですが、最近、ホームページやポイント還元制度を次々にリニューアルしています。

また、「JALマイルドリームキャンペーン」や「ANAマイルエクスプレスキャンペーン」など、魅力あるキャンペーンを連発しており、今一番勢いのあるポイントサイトと言っても過言ではありません。

 

当ブログでも、様々なポイントサイトと比較の結果、No1のオススメのポイントサイトと位置付けています。

 

モッピーの特徴からメリット、デメリットまでの詳細は以下の記事をご参照ください。

 

モッピー(moppy)では新規入会キャンペーンを実施中

そんな、今一番勢いのあるポイントサイトであるモッピーですが、当ブログと提携いただきお得な入会キャンペーンを実施しています。

当ブログからの新規入会後の条件クリアで2,000円分のポイントを獲得できるというものです。

モッピーへのご入会がまだの方は、このお得なキャンペーン中にぜひご入会ください。

 

詳細はこちらの記事にまとめておりますので、合わせてご参照ください。

 

まとめ:ポイントサイトからマリオットボンヴォイへのポイント交換は画期的!陸マイラーにとってモッピーはますます重要な存在に!

今回は、ポイントサイトの「モッピー 」から世界的なホテルチェーンである「Marriott(マリオット)」へのポイント交換が2020年12月16日からスタートするというニュースをご紹介しました。

これは、日本国内のポイントサイトとしては初の試みで快挙とも言える内容になっています。

ポイント交換レートは「モッピーの1ポイント=1円=1Marriott Bonvoyポイント」ということで、マリオットが公式サイトで販売しているポイント単価よりはお得になっています。ただし、セール価格と比べてしまうと若干見劣りしています。

そのため、マリオットのポイントが必要な際には、基本的には公式サイトで年数回実施している「セール」を狙うのがオススメです。

ただし、マリオットのポイントには年間の購入上限が設けられていますので、この上限に達した場合は、マリオットからのポイント交換を利用するというのが効果的です。

また、無料宿泊する際など「あとちょっとポイントが足りない」というような場合の補助にも便利ですね。

いずれにしても、モッピーのポイントを貯めることで、マイルで「飛行機代」、マリオットポイントで「ホテル代」をカバーすることができます。

旅行好きは、ますます「モッピー」から目を離せなくなりますね。

 

それでは、また!

 

マリオット関連記事