【2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

オススメのポイントサイトを比較!ランキングでご紹介!<2020年最新>

オススメのポイントサイトを比較!ランキングでご紹介!<2020年最新>

人気の副業として「ポイ活」があります。これは、ポイントを獲得することお小遣いを貯め、生活を豊かにしようという活動です。この話題の「ポイ活」を始めるには「ポイントサイト」の活用が不可欠ですが、インターネット上にはたくさんのポイントサイトが存在しているため、「どこに登録するのが良いのかわからないという方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、オススメするポイントサイトをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

ポイ活にはポイントサイトの利用が不可欠

ポイ活」とは、「ポイント活動」の略称です。ポイントを貯めて活用することで、毎日の暮らしをお得にしていこう、という活動となります。

そんな「ポイ活」に欠かせないのが「ポイントサイト」です。

日々のネットショッピングやクレジットカード発行などの手続きの前に、ポイントサイトを経由するだけで、ポイントサイトのポイントを貯めることができます。

このポイントサイトのポイントは、何もしなければ貯められなかったもので、ポイントサイトを経由するという「ひと手間」をかけるだけで、プラスアルファとして溜まっていきます。

普段の仕事に影響を与えることなく生活を豊かにすることができるため、ちょっとした副業として人気を高めています。

 

「ポイ活」とは?および「ポイ活」のやり方・はじめ方という基本については以下の記事をご参照ください。

 

ポイントサイトでのポイントの貯め方には2パターンあり

ポイントサイトでのポイントの貯め方には2パターンあります。それは、高額案件1回でガツンと稼ぐパターンと、繰り返し利用できる小額案件でコツコツと稼ぐパターンです。

1回でガツンと稼ぐパターンの代表格がクレジットカード案件やFX案件、投資面談の案件です。これらの案件は1回で数千円から数万円分のポイントを獲得することができるため、忙しいサラリーマンの方などに人気があります。最近では、コーヒーの定期購入の案件なども人気がありました。

一方で、回数を重ねてコツコツと稼ぐパータンの代表格がネットショッピングやアンケート案件です。1回あたりに獲得できるのは数十円から数百円程度ですが、数を重ねることがお得さを積み上げることができます。自宅にいる時間の長い主婦(主夫)の方に人気があります。

<ポイントサイトでの稼ぎ方>

  • 1撃でガツンと稼ぐ案件:クレジットカード案件、FX案件、投資面談案件、コーヒーの定期購入案件、など
  • 回数を重ねてコツコツ稼ぐ案件:ネットショッピング案件、アンケート案件、など

 

これらのパータンはどちらが良いということはありません。ポイントサイトで継続的に稼いでいくためには、この2つのパターンを柔軟に組み合わせていくことが重要です。

例えば、1激でガツンと稼ぐパターンの案件は数が限られているため、条件の良いタイミングを待って参加します。それ以外は、回数を重ねてコツコツ稼ぐパターンの案件を粛々とこなしておく、という感じになります。

ポイントサイトには、高額案件が強いところもあれば、コツコツ案件が強いところもあります。ポイントサイトを選ぶ上では、どういうタイプの案件が強いのかという、特徴を捉えることも重要になります。

 

オススメのポイントサイトは

ネット上にはたくさんのポイントサイトが存在しています。ポイントサイトの仕組み自体は怪しいものではありませんが、中には信頼に足りないポイントサイトが存在しているのも事実です。

そんな中、私がオススメするのは以下5つのポイントサイトになります。私は「ポイ活」を初めて4年になりますが、どれも利用実績が豊富で安心して利用していくことができています。

<オススメのポイントサイト>

  • モッピー
  • ハピタス
  • ライフメディア
  • ECナビ
  • ポイントタウン

 

ただ、「結局どれが一番オススメなの?」というのが気になる方もいらっしゃいますよね。そこで、これらポイントサイトをいくつかの切り口で比較し、結果をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

 

ポイントサイトを比較する観点

私がポイントサイトを利用する際に重視するポイントは以下になります。「1から5」がそのポイントサイトを安心して利用できるかという観点、「5から10」が、そのポイントサイトでポイントを稼いで有効に活用できるかという観点になります。

<ポイントサイトを比較する観点>

  • 安心して利用できるかどうか
    • 1:ポイント表記がわかりやすい
    • 2:運営歴が長く会員数が多い
    • 3:運営会社が上場している
    • 4:JIPCへ加盟もしくはプライバシーマークを取得している
    • 5:ポイント保証制度が充実している
  • ポイントを稼いで有効に活用できるかどうか
    • 6:高額案件のポイント還元数が高い
    • 7:コツコツ案件の対象数が多い
    • 8:魅力的なキャンペーンを継続している
    • 9:ポイント交換先が充実している
    • 10:交換手数料が安い

 

安心して利用することができても、ポイントを稼げなければ旨味がありませんし、ポイントを稼いでも有効活用できなれれば意味がありません。すべての項目を満たすことは難しくても、満たしている項目が多ければ多いほど魅力的ということが言えます。

 

ポイントサイトのランキング結果

最初にご紹介した5つのポイントサイトを比較した結果をまとめると以下になります。評価は4段階で、◎が3点、◯が2点、△が1点、Xが0点としています。

<比較結果のまとめ>

 モッピーハピタスライフメディア ECナビポイントタウン
ポイント表記
運営歴と会員数
運営会社の上場X
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
ポイント保証制度XXX
高額案件
コツコツ案件
キャンペーン
ポイント交換先
交換手数料
合計2620201918

 

この比較結果をランキングとしてまとめると以下のようになります。1位が「モッピー 」、2位は「ハピタス」と「ライフメディア」が同点、という結果になりました。

1位の「モッピー 」は頭ひとつ抜けている印象がありますが、2位以下については意外と僅差になっているのがわかりますね。それぞれ一長一短がある印象です。

<比較結果のランキング>

  • 1位:モッピー
  • 2位:ハピタス
  • 2位:ライフメディア
  • 4位:ECナビ
  • 5位:ポイントタウン

 

オススメのポイントサイトのメリットとデメリットのまとめ

ここでは、各ポイントサイトを比較した結果の詳細と、それに基づいたメリット、デメリットをまとめていきたいと思います。また、それぞれのポイントサイトへのお得な入会方法も併せてご紹介したいと思います。

ランキング1位:モッピー

まずは、ランキング1位になった「モッピー」です。

スポンサーリンク

特徴とメリット

モッピーはポイント表記も「1ポイント=1円」でわかりやすく、運営歴15年、会員数はポイントサイト界で最大となる700万人を超えています。

また、運営会社の「セレス株式会社」は東証一部に上場していますし、プライバシーマークも取得しており安心感があります。

 

高額案件については常にNo1というわけではありませんが、期間限定などタイミングによってNo1になることが多くあります。また、ポイントサイト界での影響力が大きいため、モッピー独占案件もしばしば登場します。

また、マイラー向けのキャンペーンを積極的に実施しています。以前は期間限定であった、ANAマイラー向けの「エクスプレスキャンペーン」とJALマイラー向けの「ドリームキャンペーン」を現在は常設しています。

 

 

陸マイラーであれば、ANA派もJAL派も安心してポイントを貯めていくことができるため、陸マイラーであれば登録必須のポイントサイトになっています。

モッピーは「陸マイラー」御用達

 

デメリット

唯一とも言えるデメリットが、ポイント保証制度が存在していないことです。ただし、ポイントが正常に付与されなかった場合は、問合せして調査してもらうことは可能ですので、それほど大きなデメリットというわけではありません。

お得な入会方法

当ブログはモッピーと協業させていただいており、当ブログを経由して入会後、条件をクリアしていただくことで1,000円相当のポイントを獲得することができます。こちらの入会キャンペーンは2020年1月31日までの期間限定となっています(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

f:id:pipinobu:20170626222423j:plain

 

ポイント獲得条件の詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

評価結果の詳細

評価結果の詳細は以下になります。こうやって一覧でまとめると、ほとんど弱点のないポイントサイトであることが確認できますね。

 
評価
理由
ポイント表記
1ポイント=1円の表記となって初心者でもわかりやすいです。
運営歴と会員数
2005年運営スタートで、会員数700万人以上となっています。会員数はポイントサイト界で最大級です。
運営会社の上場
運営会社の「セレス株式会社」は東証一部に上場しており安心感があります。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
「プライバシーマーク」を取得しています。また、日本インターネットポイント協議会(JIPC)にも加盟しています。
ポイント保証制度
X
ポイント保証制度は用意されていません。これは唯一とも言える欠点です。
高額案件
常にNo1の還元数というわけでありませんが概ね高額です。タイミングによってNo1の還元数となることも多くあります。また、独占案件もしばしば登場するため目が離せません。
コツコツ案件
メジャーなところは網羅されていますが、ハピタスに比べると品揃えが若干劣ります。
キャンペーン
ANAマイラー向けの「エクスプレスキャンペーン」とJAL
マイラー向けの「ドリームキャンペーン」を常設しています。陸マイラーであれば利用必須となっています。
ポイント交換先
ドットマネー、PeX、Gポイントという3つのポイント交換サイトに等価交換できます。目的に応じて交換先を柔軟に選択することができます。
交換手数料
上記3つのポイント交換サイトへの交換手数料が無料となっています。とても良心的です。
合計
26
 

 

ランキング2位:ハピタス

続いては、ランキング2位になった「ハピタス」です。

特徴とメリット

ハピタスはポイント表記も「1ポイント=1円」でわかりやすく、運営歴13年、会員数は300万人を超えています。

モッピーほどではありませんが、多くの会員数を抱えているというのは、ユーザーに支持され続けているという証明であり安心感があります。

 

また、運営企業は上場していませんが、業界団体である日本インターネット競技会(JIPC)に加盟しています。

高額案件については正直ちょっと弱い印象がありますが、提携サイトは3,000社を超えており、ポイントサイト界で最大級となっています。提携サイトが多いということは、ポイントのとりこぼしがないということになりますので、コツコツ案件にピッタリということが言えます。

 

また、それに加えて、ハピタスでは「お買い物あんしん保証」を導入しています。この「お買い物あんしん保証」では、「通帳記載保証」と「判定期間保証」がWで提供され、万が一、ポイントが承認されなかった場合でもハピタスからポイントが付与されます。これにより、利用頻度の多くなるコツコツ案件を安心して利用することができます。

 

デメリット

デメリットは、高額案件にちょっと弱いという点と、ひと月あたりのポイント交換数に制限があるという点です。

ただ、高額案件については、ハピタスの場合は友達紹介制度にダウン報酬の対象外案件がほとんどないため、家族などで利用する際にはメリットがあります。

ポイント交換については、ハピタスでは、ひと月あたりポイント交換数が30,000ポイント(=30,000円相当)までに制限されています。

多くの方にとって、ひと月あたり30,000円分のポイントを稼ぐのはなかなか大変なことですので、これは大きなデメリットにはなりません。

加えて、ポレット(pollet)というプリペイド型クレジットカードには、ひと月あたり300,000ポイント(=30万円相当)までチャージするという回避策も用意されています。

 

お得な入会方法

ハピタスではお得な入会キャンペーンを実施しており、条件をクリアすることで最大600円分のポイント+5,000円分のAmazonギフト券を獲得することができます。こちらの入会キャンペーンは2020年1月31日までの期間限定となっています(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ポイント獲得条件の詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

評価結果の詳細

評価結果の詳細は以下になります。コツコツ案件で積極的に利用していきたい安心して利用できるポイントサイトとなっています。

 
評価
理由
ポイント表記
1ポイント=1円の表記となって初心者でもわかりやすいです。
運営歴と会員数
2007年運営スタートで、会員数315万人以上となっています。
運営会社の上場
X
運営会社の「オズビジョン株式会社」は上場しておりません。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
JIPCに加盟しています。
ポイント保証制度
「お買い物あんしん保証」により、「通帳記載保証」と「判定期間保証」を提供しています。Wで保証しているのはハピタスだけです。万が一、ポイントが承認されなかった場合でもハピタスからポイントが付与されます。
高額案件
高額案件についてはちょっと弱い印象です。その代わり、ダウン報酬の対象外案件がほとんどないため、家族などで利用する際にはメリットがあります。
コツコツ案件
提携サイトは3,000社となっており、ポイントサイト界で最大級となっています。コツコツ案件にピッタリです。
キャンペーン
入会キャンペーンは定期的に実施していますが、レートアップなどのキャンペーンにはあまり積極的ではありません
ポイント交換先
ドットマネー、PeX、Gポイントという3つのポイント交換サイトに等価交換できます。目的に応じて交換先を柔軟に選択することができます。
交換手数料
上記3つのポイント交換サイトへの交換手数料が無料となっています。
合計
20
 

 

ランキング3位:ライフメディア

続いては、ランキング3位になった「ライフメディア」です。

スポンサーリンク

特徴とメリット

ライフメディアはポイント表記も「1ポイント=1円」でわかりやすく、運営歴24年、会員数は315万人を超えています。

1996年運営スタートということで、ポイントサイト界でも老舗の部類に入ります。運営歴が長いというのはユーザーに支持されるサービスを提供し続けているという結果であり、安心感があります。

 

運営企業である「ニフティネクサス」は上場していませんが、インターネット大手である「ニフィティ」の関連会社であり安心感があります。また、業界団体である日本インターネット競技会(JIPC)にも加盟しています。

高額案件、コツコツ案件ともに、ずば抜けているわけではありませんが、ともにバランスが良いというのが特徴です。ライフメディアを利用していれば、大きくポイント数や品揃えで心配することはありません。

また、ポイントサイト界唯一の特徴として、家電量販店大手の「ノジマ」へのポイント交換に対応しているという点があります。しかも、ポイント交換することで、ポイント数が1.5倍になるというおまけ付きです(これを「ノジ活」と呼んでいます)。

 

ノジ活」で家電をお得に購入できるというのは、ライフメディアならでは、唯一無二のメリットとなりますね。「ノジ活」の詳細については以下の記事もご参照ください。

 

デメリット

ライフメディアには、正直大きなデメリットは存在しません。攻守ともにバランスが良いというのがライフメディアの特徴となりますね。ポイント保証制度が導入されていないのはモッピーと同様にデメリットですが、問合せの対応はとても丁寧です。

お得な入会方法

当ブログはライフメディアと協業させていただいており、当ブログを経由して入会後、条件をクリアしていただくこと700円相当のポイントを獲得することができます。こちらの入会キャンペーンは2020年3月31日までの期間限定となっています(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

 

ポイント獲得条件の詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

評価結果の詳細

評価結果の詳細は以下になります。ポイント保証制度が用意されていないのは残念ですが、それ以外は大きな欠点がなく、バランスが非常に良いということがわかりますね。

 
評価
理由
ポイント表記
1ポイント=1円の表記となって初心者でもわかりやすいです。
運営歴と会員数
2007年運営スタートで、会員数300万人以上となっています
運営会社の上場
運営会社の「ニフティネクサス株式会社」は上場しておりませんが、インターネット大手のニフティーの関連会社で安心感があります。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
JIPCに加盟しています。
ポイント保証制度
X
ポイント保証制度は用意されていません。
高額案件
常にNo1の還元数というわけでありませんが概ね高額です。
コツコツ案件
メジャーなところは網羅されていますが、ハピタスに比べると品揃えが若干劣ります。
キャンペーン
家電大手の「ノジマ」へのポイント交換でポイント数が1.5倍に増量します。
ポイント交換先
ドットマネー、PeX、Gポイントという3つのポイント交換サイトに等価交換できます。交換先に困ることはありません。
交換手数料
上記3つのポイント交換サイトへの交換手数料が無料となっています。
合計
20
 

 

ランキング4位:ECナビ

続いては、ランキング4位になった「ECナビ」です。

特徴とメリット

ECナビのポイント表記は「10ポイント=1円」となっています。円の価値に直す場合はポイント表記を10分の1にする必要があります。換算式としてはシンプルです。

運営歴18年、会員数は600万人を超えています。会員数としてはモッピーに迫る勢いで業界トップクラスです。

 

運営企業である「ボヤージュマーケティング」は上場していませんが、一部上場企業のグループ会社となっており安心感があります。また、業界団体である日本インターネット競技会(JIPC)にも加盟しています。加えて、ポイント交換サイトとして有名な「PeX」と同じ運営会社となっています。

ECナビは高額案件に特徴を持っています。高額案件の代表格であるクレジットカード案件で、しばしばNo1の還元数を叩き出しています。

また、ECナビは「Tポイント」への交換に特徴を持っています。Tポイントへの交換手数料である「500ポイント(=50円分)」と、交換分の4%を後からポイントバックしてもらえる「ウエル活応援」キャンペーンを毎月継続的に実施しています。

 

交換したTポイントは、ドラッグストア大手の「ウエルシア薬局」で1.5倍の価値として利用できる「ウエル活」に活用することができます。そういう意味では、ECナビは「ウエル活」と相性の良いポイントサイトと言えますね。

デメリット

ECナビの最大のデメリットは、ポイント交換先として「ドットマネー」に対応していないことです。そのため、ANA陸マイラー御用達の「TOKYUルート」を利用することができません。

ECナビで獲得したポイントは、現金化するか、PeX経由でTポイントに交換し「ウエル活」に利用するのがオススメとなります。

お得な入会方法

当ブログはECナビと協業させていただいており、当ブログを経由して入会後、条件をクリアしていただくことで最大1,350円相当の特典を獲得することができます。こちらの入会キャンペーンは2020年1月31日までの期間限定となっています(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

 

ポイント獲得条件の詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

評価結果の詳細

評価結果の詳細は以下になります。高額案件に強みがあるものの、ポイント交換先に「ドットマネー」が用意されていないのは、陸マイラーとしては残念です。

 
評価
理由
ポイント表記
10ポイント=1円の表記となっているため円の価値に換算すると10分の1になります。
運営歴と会員数
2007年運営スタートで、会員数600万人以上となっています
運営会社の上場
運営会社の「ボヤージュマーケティング株式会社」は上場しておりませんが、上場一部企業のグループ会社になっています。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
JIPCに加盟しています。
ポイント保証制度
X
ポイント保証制度は導入されていません。
高額案件
クレジットカード案件に強みを思っています。
コツコツ案件
メジャーなところは網羅されていますが、ハピタスに比べると品揃えが若干劣ります。
キャンペーン
Tポイントへの交換で4%の増量キャンペーンを継続しているため「ウエル活」と相性が抜群です。
ポイント交換先
ポイント交換サイトとしてはPeXのみの対応で、等価交換できます。ドットマネーへの交換に対応していないため、「TOKYUルート」を利用できません。
交換手数料
PeXへの交換手数料が無料となっています。
合計
19
 

 

スポンサーリンク

ランキング5位:ポイントタウン

続いては、ランキング5位になった「ポイントタウン」です。

特徴とメリット

ポイントタウンのポイント表記は「20ポイント=1円」となっています。円の価値に直す場合はポイント表記を20分の1にする必要があります。正直ちょっとわかりづらいです。

運営歴18年、会員数は240万人を超えています。運営歴から考えると、ポイントサイト界でも老舗の部類に入ります。

 

運営企業である「GMOメディア」は、東証マザーズに上場しています。また、親会社である「GMOインターネット」は東証1部に上場しており、抜群の安心感があります。加えて、業界団体である日本インターネット競技会(JIPC)にも加盟しています。

 

ポイントタウンは、正直高額案件には強くありません。その代わり、コツコツ案件については、ハピタスと同レベルの品揃えの豊富さになっています。

また、ポイント保証制度として「お買い物保証制度」を導入しています。対象になるのはシッピング案件が中心で、通帳に記載されている必要がありますので、ハピタスの保証制度に比べると少し弱い印象です。ただし、保証制度があるのとないのとでは安心感が違います。

 

ポイントタウンならではの特徴としては、「ランク制度」の対象に、モニター案件が含まれていることです。

「ランク制度」自体は他のポイントサイトでも導入しているところがありますが、その対象にモニター案件が含まれているのはポイントタウンだけです。

 

しまも、ランクによっては獲得したポイントが「15%」も増量されます。この15%という数字は、ポイントサイト界でも最高レベルです。

そういう意味では、ポイントタウンはモニター案件にぴったりのポイントサイトということが言えますね。

デメリット

ポイントタウンのデメリットは、キャンペーンに積極的ではなく大きな特徴がないところです。信頼性は高いものの、高額案件に強いわけではないため、さきほどご紹介したモニター案件が利用の中心になってしまっています。

お得な入会方法

当ブログはポイントタウンと協業させていただいており、当ブログを経由して入会いただくことで400円相当のポイントを獲得することができます。こちらの入会キャンペーンの期限は設定されていません(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

 

ポイント獲得条件の詳細は以下も合わせてご参照ください。

 

評価結果の詳細

評価結果の詳細は以下になります。ところどころ弱いところがりますが、ランク制度によりモニター案件がお得になるのが特徴になりますね。

 
評価
理由
ポイント表記
20ポイント=1円の表記となっているため円の価値に換算すると20分の1になります。
運営歴と会員数
2007年運営スタートで、会員数240万人以上となっています。
運営会社の上場
運営会社の「GMOマーケティング株式会社」は東証マザーズ、親会社の「GMOインターネット」は東証一部に上場しています。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
JIPCに加盟しています。
ポイント保証制度
X
ポイント保証制度は導入されていません。
高額案件
高額案件についてはちょっと弱い印象です。
コツコツ案件
ハピタスと同様に業界最高レベルの豊富さとなっています。
キャンペーン
目立ったキャンペーンは実施されていませんが、ランク制度でモニター案件がお得になります。
ポイント交換先
ポイント交換サイトとしてはPeXのみの対応で、等価交換できます。ドットマネーへの交換については2020年1月中に対応の予定となっています。
交換手数料
PeXを含むほとんどの交換先に対して交換手数料は無料となっています。
合計
18
 

 

オススメのポイントサイトの使い分け

私自身は、ランキング1位となった「モッピー」をメインに利用しながら、その他のポイントサイトを適材適所で使い分けるようにしています。

高額案件の場合は「モッピー」と「ライフメディア」「ECナビ」を比較して、最も良い条件のところから選択するようにしています。

ただ、モッピーの場合は、ANAマイルの「エクスプレスキャンペーン」とJALマイル「ドリームキャンペーン」を実施しています。マイルを獲得することを目的とした場合、他のポイントサイトよりも良いレートでマイルに交換できるため、10%ぐらいの差であれば条件が悪くても「モッピー」を優先するようにしています。

一方で、コツコツ案件の場合は、ポイント保証制度がしっかりしている「ハピタス」をいつも利用しています。利用回数が多くなるコツコツ案件では、やはりポイント保証制度の存在は安心できます。

また、モニター案件については、ランク制度でボーナスポイントを獲得できる「ポイントタウン」を主に利用するようにしています。

ポイントサイトの使い分けをまとめると以下のようになります。

<ポイントサイトの使い分け>

  • メインで利用:モッピー
  • 高額案件の比較に利用:ライフメディア 、ECナビ
  • モニター案件に利用:ポイントタウン

 

そして、モッピーで貯めたポイントはマイルに交換し、ライフメディアで貯めたポイントはノジマのポイントに交換して「ノジ活」、ECナビで貯めたポイントはTポイントに交換して「ウエル活」というように、それぞれのポイントサイトの特徴を活かした使い方を心がけています。

<貯めたポイントの使い道>

  • モッピー:マイルに交換
  • ライフメディア:ノジマのポイントに交換
  • ECナビ:Tポイントに交換
  • ハピタス、ポイントタウン:現金化もしくはマイルに交換

 

このよう、ポイントサイトの特徴を活かした使い方をすることで、より多くのポイントを獲得し、よりお得にポイントを利用することができます。

 

「オススメのポイントサイトを比較!ランキングでご紹介!」のまとめ

今回は、当ブログでオススメするポイントサイト比較し、結果をランキング形式でご紹介していきました。

ランキング1位となる「モッピー」が頭ひとつ抜けてる感じはありますが、それぞれのポイントサイトで得意な部分、不得意な部分があることがご理解いただけたのではないかと思います。

ポイントサイトは、適材適所で組みあわせることで、ポイントの価値を最大化することができますので、うまく使い分けていただければと思います。

「どのポイントサイトに登録すれば良いのはわからない」という方は、まずは、ランキング1位から3位の「モッピー」「ハピタス」「ラフィメディア」の入会から初めていただければと思います。

入会の際には以下のバナーをご利用ください。

 

ランキング1位:モッピー

f:id:pipinobu:20170626222423j:plain

ランキング2位:ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ランキング3位:ライフメディア

ランキング4位:ECナビ

ランニング5位:ポイントタウン

 

それでは、また!

 

関連記事

ポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換するのがオススメです。陸マイラーの基本とも言えるANAマイルの貯め方は以下の記事をご参照ください。

 

こちらの記事ではJALマイルの貯め方をご紹介しております。基礎はANAマイルを同じですが、ルートが若干異なります。

 

マイルを貯めて実現した「マイル旅」の実績については以下の記事をご参照ください。年1回のハワイ旅行に加えて、ファーストクラスやビジネスクラスを利用したニューヨーク、イタリア、ウィーン、香港、シンガポール旅行などを実現しています。

 

error: