【3月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

羽田発ハワイ!ANAビジネスクラス(NH186便)搭乗記!マイルとコストは?

今回は、羽田からハワイにANAビジネスクラスを利用した様子を搭乗記としてレポートします。2017年夏休みにもハワイにビジネスクラスで旅行をしていますが、この時は成田空港を利用していました。羽田空港からハワイに行くのは今回が初めての体験です。羽田発の場合、空港へのアクセスも便利であり、また夜遅い時間の出発となるため、飛行機の中で寝て朝起きるとハワイに着いてるというのはとても快適。もっと乗っていても良いな、と思うほどにあっという間の時間となりました。当記事では、そんな羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス)における、利用したマイルやコスト(値段)から、優先チェックイン、専用保安検査場、優先搭乗、ラウンジの利用、機内食、座席(シート)、アメニティーまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):フライトスケジュール

今回のハワイ旅行で利用したANAビジネスクラスのフライトスケジュールは以下になります。往復ともに憧れの羽田発着となります。

往路便は羽田22:15発ということで、夜遅い時間の出発となりますが、飛行機の中で寝ていると同日の朝にホノルルに到着します。同日の朝到着ということで、1日得をしたような不思議な気分になります。

復路便はホノルル12:55発ということで、現地で朝ごはんを食べてから空港に向かっても間に合うという、ゆとりのスケジュールが特徴です。

今回ご紹介するのは、往路(NH186便)の搭乗記になります。

<ANAビジネスクラス ハワイ便:フライトスケジュール>

  • 往路(NH186便):羽田22:15発、ホノルル10:15着 <=今回ご紹介
  • 復路(NH185便):ホノルル12:55発、羽田17:25着(翌日)

 

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):利用したマイルとコスト

今回のANAビジネスクラスのチケットも、当然ながら陸マイラー活動を通して貯めたマイルを利用し特典航空券として発券しました。

利用したANAマイルは、ひとり往復68,000マイル、今回は夫婦二人の利用なので、合計で136,000マイル必要となりました。

これに加えて、マイルの他に、税金や燃料サーチャージなどは、現金で別途支払う必要があります。これは、夫婦二人合計で34,740円となりました。

まとめると以下のようになります。

<ハワイ ビジネスクラスの総額(マイルと現金)>

  • マイル:136,000マイル
  • 現金:34,740円
  • 総額:130,000マイル+34,740円

 

ちなみに、マイルを利用せず、全額現金で購入する場合はコストは以下になります。ひとりあたり726,900円、夫婦二人ではなんと1,453,800円(=約140万円!)にもなります。

 

飛行機代だけで140万円なんて、どんなにがんばっても自腹では支払うことができない金額です。マイル利用だからこそできる贅沢ですね。

 

こういうマイルの使い方ができると、陸マイラーをやっていて本当によかったと実感できます。大量ANAマイルの貯め方についてはこちらの記事をご参照ください。

 

また、年末年始のホノルル路線の特典航空券は、最も取得しにくいシーズンと言われており、そのチケットの取得は、字面通りの争奪戦になります。この争奪戦を乗り切る裏技(テクニック)についてはこちらの記事をご参照ください。

 

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):優先チェックインの様子

さて、そんなこんなで、ここからは、空港での様子をご紹介していきたいと思います。ビジネスクラス利用の場合は、飛行機の搭乗前からも快適なサービスの提供がスタートしています。

 

まずは「優先チェックイン」です。ビジネスクラス利用の場合は、ビジネスクラス専用の優先チェックインカウンターを利用することができます。

こちらが、当日のチェックインカウンターの様子です。我々が羽田空港に到着したのが18時頃、出発時刻が22:15なので、まだ4時間以上時間があります。

そのためか、チェックインカウンターは、エコノミーも含めてそれほど混雑していないような状況でした。

 

ですので、ビジネスクラス専用の優先チェックインカウンターを使うメリットはそんなにないわけですが・・。せっかくなので、ビジネスクラス専用の優先チェックインカウンターを利用しました。やっぱり、気分が違いますよね。

そんなこんなで、こちらがビジネスクラスの搭乗券です。ビジネスクラスを表す「C」の文字は、いつ見ても気分が高まります。

 

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):優先保安検査場の様子

さて、無事にビジネスクラスの搭乗券をゲットした後は、優先保安検査場の利用です。優先保安検査場を利用すると、保安検査を実施するための長蛇の列に並ぶことを回避して、時間を短縮することができます。

こちらが、羽田空港の「優先保安検査場」の入り口です。

 

ただ、こちら、羽田空港の「優先保安検査場」は注意点があります。それは「ビジネスクラス」のチケットだけでは利用できないという点です。

こちらの羽田空港の「優先保安検査場」を利用できるのは、「ファーストクラス」搭乗者および以下のANA上級会員のみとなっています。

ANA「ダイヤモンドサービス」・「プラチナサービス」メンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、またはファーストクラスにご搭乗のお客様は、優先保安検査場をご利用になれます。ご利用の際は、搭乗券をご提示ください。ANA「ダイヤモンドサービス」・「プラチナサービス」メンバーのお客様は、ステイタスカードを、ANAスーパーフライヤーズカード会員のお客様は、ANAスーパーフライヤーズカードも合わせてご提示ください。上記お客様とご同行(ご一緒に検査場通過)のお客様1名様もご利用になれます。

 

成田空港の「優先保安検査場(=GOLD TRACK)」は、ビジネスクラス搭乗者でも利用することができますので注意が必要ですね・・。

 

私の場合は「プラチナサービス」メンバーかつ「ANAスーパーフライヤーズカード会員」となっていますので、こちらの「優先保安検査場」も利用することができました。

 

ちなみに、この日の一般の「保安検査場」の待ち時間は5分から15分ほどになっていました。「優先保安検査場」の中はガラガラで瞬殺でしたので、こちらは「優先保安検査場」の効果を感じることができました。

 

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):ラウンジ利用の様子

優先保安検査場を利用して制限エリアに移動した後は、免税店などをひやかした後、航空会社ラウンジを利用しました。

 

ANAのビジネスクラスの場合、ANAが用意するビジネスクラスラウンジと、ANAも加盟するスターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラスラウンジの両方を利用可能となっています。

ただ、羽田空港国際線の制限エリアには、スターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラスラウンジはありませんので、素直にANAのビジネスクラスラウンジを利用することになります。

f:id:pipinobu:20170321120353j:plain

 

羽田空港国際線のANAラウンジ(=ビジネスクラスラウンジ)の様子はこちらで詳しくまとめております。ゆとりのある広さでモダンで快適なラウンジです。シャワーももちろん利用することができます。

 

通常であれば上記のANAラウンジ(=ビジネスクラスラウンジ)でゆっくりするところですが、今回は「ANA SUITE LOUNGEご利用券」を使って、「ANA SUITE LOUNGE」に潜入してみました。

 

「ANA SUITE LOUNGE」の目玉である「DINING h」も利用することができました。

 

スポンサーリンク

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):優先搭乗の様子

さて、「ANA SUITE LOUNGE」で搭乗時間ギリギリまでくつろいだ後は、いよいよ、飛行機への搭乗開始です。ANAビジネスクラスの場合、「優先搭乗」を利用することができます。

この時は、搭乗ゲートはかなりの混雑となっていたため、「優先搭乗」の効果を感じることができました。

「優先搭乗」を利用すると、いち早く機内に移動でき、ビジネスクラスの快適なシートでウェルカムドリンクをいただきながら、ゆっくりと離陸までの時間を過ごすことができます。

 

こちらが、運命の分かれ道。右がエコノミークラス、左がビジネスクラスです。今回は、当然ながら、ウキウキでビジネスクラスの方に進みました。

 

羽田発ハワイ(ANAビジネスクラス):NH186便の搭乗レポート

ANAビジネスクラス(NH186便):機内の雰囲気とスタッガードシート

今回、ANAビジネスクラスのハワイ便(NH186)でお世話になるのは、B787-9(B789)という機材です。こちらの機材の特徴は「ANA BUSINESS STAGGERED)」と呼ばれる、スタッガードシートです。

f:id:pipinobu:20170812083556j:plain

 

スタッガードシートは、網目模様のように、交互に座席が配置されているのが特徴です。各席の隣がテーブルになっており、その下に後ろの座席の足元がくるので、フルフラットに倒しても前後の座席に影響がなく、また、独立性が高くプライバシーも保たれるように工夫されています。

ビジネスクラスシート一覧|Service & Info[国際線]|ANA

 

ANAビジネスクラス(NH186便):B787-9/B789の稼働式パーティション

今回我々は、ビジネスクラスのエリアの中でも、8列目の中席を2列並びで選択しました。

 

というのも、ANAビジネスクラスのB787-9(B789)の場合、ビジネスクラス後方の8列目、および、11列目の中席のみ、中央のパーティションが稼働式になっているんですよね。

f:id:pipinobu:20170812094310j:plain

f:id:pipinobu:20170812094313j:plain

 

ANAビジネスクラスのスタッガードシートは、独立性が高くプライバシーが確保できる反面、家族やカップルの場合、コミュニケーションが取りづらく、ちょっと寂しい思いをするという欠点があります。

その点、この8列目と11列目だけはコミュニケーションが取りやすく工夫されています。夫婦やカップル、家族で利用する場合はオススメです。

 

ANAビジネスクラス(NH186便):ウェルカムドリンク

ANAビジネスクラスの場合、離陸までの待ち時間にウェルカムドリンクが提供されます。提供されるのは、決まって、スパークリングワインとオレンジジュースです。

この日は「ANA SUITE LOUNGE」でシャンパンをいただきすぎてしまっていたため、オレンジジュースをいただきました。

 

いずれにしても、離陸までの時間をゆったりと過ごすことができるのはビジネスクラスの特権ですね。

 

スポンサーリンク

ANAビジネスクラス(NH186便):アメニティーとパジャマ

ANAビジネスクラスの場合、当然ながらアメニティーはエコノミークラスよりも充実しています。機内で利用できる使い捨てのスリッパや、ノイズキャンセリングヘッドフォンなどの提供があります。

ただし、ハワイ路線(ホノルル)の場合、他の北米・ヨーロッパ・シドニー路線に比べて、アメニティーの提供が制限されているんですよね・・。

北米・ヨーロッパ・シドニー路線の場合、以下のアメニティーが提供されますが、ハワイ路線(ホノルル)の場合、赤字の部分が省かれている格好になっています。

<北米・ヨーロッパ・シドニー路線のアメニティー>

  • 毛布(コンフォーター)
  • スリッパ
  • ベッドパッド <=ハワイ路線はなし
  • アメニティキット(ハンドクリームやリップ、ミストなどが入ったポーチ) <=ハワイ路線はなし
  • ノイズキャンセリングヘッドホン <=ハワイ路線は高性能ヘッドフォン
  • パジャマの貸し出し <=ハワイ路線はカーディガンの貸し出しのみ

 

ちなみに、2019年5月24日から就航する「A380」の場合は、ハワイ路線のビジネスクラスでもアメニティキットの提供やパジャマの貸し出しのサービスが予定されています。A380は成田発着のみの運行となりますが、とても楽しみです。

 

ANAハワイ、ホノルル路線の「A380」の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

また、この「A380」の就航を記念したキャンペーンも実施中です。合わせてご参照ください。

 

ANAビジネスクラス(NH186便):ビジネスクラス機内食のメニュー

さて、続いてはお楽しみの、ビジネスクラスの機内食です。

まずはメニューから確認していきましょう。メニューはこんな感じの、結構な厚みのある冊子が渡されます。ドリンクや食事、アラカルトのメニューが全て載っています。

 

ハワイ路線の場合、メニューの表紙にもハワイのイラストが描かれていて、とてもカワイイです。ちょっとしたところですが、ハワイ感が高まりますね。

 

食事は洋食と和食から選択することができます。この日のメニューは以下のようになっていました。

<和食メニュー>

  • 口取り
    • ずわい蟹きのこ春菊浸し 桜鱒小袖寿司
    • 丹波黒豆と大豆煮 厚焼き玉子
  • 主 菜
    • 真鯖みりん干し
    • 俵御飯
    • 味噌汁

 

<洋食メニュー>

  • アペタイザー
  • メインディッシュ
    • 天使の海老のガーリックソテー バターライス添え
  • ブレッド
    • バゲット

 

また、食事の提供終了後にいつでもオーダーできる「お好きな時に」というメニューも用意されています。このアラカルトメニューが用意されているのが、ビジネスクラスの醍醐味ですね。

<お好きな時に>

  • サンドイッチセット(スモークサーモン、クリームチーズとアボカドのパニーニ フルーツ ヨーグルト)
  • きつねうどん
  • 茅乃舎 野菜だしスープ
  • チーズプレート( シャウルス A.O.C.、シュロスバーガー アルト、セザールレガリス)
  • Ben & Jerry’s アイスクリーム
  • ミックスナッツ
  • フライドパスタスナック トマト味
  • あられ( ベジタリアン・ハラール認証済)

 

メニューの中身はWebでも公開されています。また、事前に和食か洋食かの指定もできるので、こだわりのある方は、事前に指定しておいた方が安心です。

BUSINESS CLASS 機内食・ドリンク|Service & Info[国際線]|ANA

 

ANAビジネスクラス(NH186便):機内食(ドリンク)

機内食:ドリンク

そんなこんなで、まずはドリンクの提供です。最初のドリンクは、シャンパンを選択しました。グラスに入ってしまうと、あまりシャンパン感がありませんね(汗)。

 

銘柄は「シャンパーニュ ロンバルディ キュヴェ ブリュット アキシオーム」です。ピノ・ノワールとシャルドネを使ったシャンパンで、メニューには以下のように解説されています。スッキリとした味わいでした。

グレープフルーツの皮のような香りの中に、焼きたてのパンのような香ばしいアロマがほのかに感じられます。強い泡立ちの刺激がすぐに控えめな酸味にとりこまれ上品な口当たり。酸味と、熟成からくる苦みが余韻に漂う素晴らしい味わいです。

 

ANAビジネスクラス(NH186便):機内食(フード)

続いては、いただいたフードをご紹介していきます。我々は、夫婦で和食と洋食を、それぞれをお願いしてみました。

機内食:和食

まずこちらは和食です。和食はこんな感じで、お盆にのせられてやってきます。前菜と主菜で、ちゃんとお皿が分けられています。前菜は基本冷たく、主菜は熱々の状態です。

 

前菜は色とりどりで、とても綺麗です。いろいろな種類のものを少しずついただけるというのは和食の醍醐味ですね。

 

主菜は「真鯖みりん干し」ということでお魚ですね。やさしい味付けで、安心していただくことができました。

 

機内食:洋食

続いては洋食です。洋食の方は、まずは前菜だけがやってきます。

 

前菜は、サーモンが色鮮やかで、素材の新鮮さを感じることができます。

 

続いて、メインが別皿でやってきます。メインは「天使の海老のガーリックソテー バターライス添え 」ということで、ハワイ名物の「ガーリックシュリンプ」をイメージさせるメニューとなっていました。

ハワイ現地でいいただく「ガーリックシュリンプ」ほど、にんにくギトギトではない、やさしい味付けでしたが、エビが大振りでプリプリしていて、美味しくいただくことができました。

 

和食、洋食ともに、ライスがかなり控えめな量になっていましたので、男性にはちょっと少ないかもしれません・・。

ですが、夜22時以降の出発便ということで、胃に優しい分量になっているのだと思われます。

我々の場合は、「ANA SUITE LOUNGE」の「DINING h」で食事をいただいてしまっていたため、これでも多すぎるぐらいでした(笑)。

 

機内食:アラカルト

食後には、「お好きな時に」のカテゴリーから「Ben & Jerry’s アイスクリーム」をいただきました。アイスはいつどこでいただいても美味しいです。

 

ANAビジネスクラス(NH186便):機内エンターテイメント

ANAビジネスクラスでは、機内エンターテイメントも充実しています。日本でDVD販売されていない作品も、日本語吹き替え(もしくは日本語字幕)でいくつか用意されていました。

 

私は映画好きなので、通常であれば飛行機に乗っている間中、とにかく映画を見まくっています。ただし、ハワイ便の往路だけは別で、飛行機の中では寝てしまうことが、ハワイ到着後に快適に過ごす上で最重要です。

ですので、この日も後ろ髪を引かれる思いをしながらも、映画鑑賞は断念しました。映画鑑賞は、復路でのお楽しみですね。

 

スポンサーリンク

ANAビジネスクラス(NH186便):トイレ

続いては、気になる方も多いと思われるトイレの様子です。今回利用した機材(B787-9/B789)のトイレは、ちゃんとウォシュレット付きになっています。機内でウォシュレットを使えるなんて、ちょっと前からしたら夢のようですよね。時代の進化を感じます。

f:id:pipinobu:20170812083926j:plain

 

ちなみに、ビジネスクラスのトイレの中には、歯ブラシや洗口剤、ボディシートなどのアメニティがいつも豊富に用意されています。とっても快適です。

f:id:pipinobu:20170812083930j:plain

 

ANAビジネスクラス(NH186便):就寝

この後は、シートをフルフラットに倒して就寝です。記事の前半でご紹介したとおり、ハワイ路線(ホノルル)では、パジャマの貸し出しが行われていないため、寝やすい格好で搭乗するのが重要です。

また、ベットパットの提供がないのも若干残念でしたが、こちらのビジネスクラスのシートはフルフラットにもできますので、朝までぐっすりと眠ることができました。

シートをフルフラットにしたイメージはこんな感じになります。左右の幅はそれほど広くありませんが、男性が足を延ばしても窮屈にならないぐらいの奥行きがあります。

f:id:pipinobu:20170812110726j:plain

シート[国際線]|Service & Info[国際線]|ANA

 

ANAビジネスクラス(NH182便):ホノルルに到着

そんなこんなで就寝後に目がさめると、ハワイのホノルル空港への着陸準備がスタートしました。

少し早く起きれば「お好きな時に」のメニューからフードをオーダーし、朝食をいただくこともできますが、この時は睡眠を優先しました。

機内で寝ることができれば、到着後に時差ボケに悩まされることなく、初日からアクティブに活動することができます。質の高い睡眠が取れるというのがビジネスクラスの何よりの特権ですね。

 

ハワイ旅行2019のスケジュール

今回の記事は、2019年年始のハワイ旅行の一部としてご紹介しました。今回のハワイ旅行のスケジュールは以下になります。全体としては、4泊6日のスケジュールとなります。

<スケジュール概要>

  • 1日目:東京(羽田空港)からのホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)に移動(ANA186便)、モアナサーフライダー宿泊 <=今ここ
  • 2日目:シェラトンワイキキ 宿泊
  • 3日目:ロイヤルハワイアン宿泊
  • 4日目:ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ 宿泊
  • 5日目:ホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)から東京(羽田空港)に移動(ANA185便)
  • 6日目:東京(羽田空港)着

 

今回の年末年始ハワイ旅行は、ANAマイルとSPGアメックスのポイントを駆使して、ほぼ無料で実現しています。その秘密についてはこちらの記事をご参照ください。

 

羽田発ハワイ!ANAビジネスクラス(NH186便)搭乗記!マイルとコストは?のまとめ

今回は、羽田からハワイにANAビジネスクラスを利用した搭乗記をお送りしました。私は、ハワイにはかれこれ15回以上訪れていますが、羽田空港からビジネスクラスの利用は初めての体験となりました。

利用してみて感じたのは「ハワイって近いな」という点です。

我が家からは、成田空港よりも羽田空港の方が圧倒的に近いからという理由もありますが、空港にさっと着いて、ラウンジを楽しんで、ビジネスクラスで寝ているうちに、ハワイに到着してしまったという感じです。

もうちょっとこの快適な旅程を楽しみたいな、と思うほどにノーストレスで、あっという間の時間でした。やはり、羽田からハワイというのは、現時点では最強ですね。

今年の年末年始は、新しく就航する「A380」のホノルル路線のファーストクラスを体験する予定ですので、どちらが快適なのか、比べてみたいと思います。今からとても楽しみです。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<ハワイ旅行記2019の目次、記事一覧>

 

それでは、また!

 

関連記事

 

error: