【2023年1月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ 宿泊記:アップグレード結果と部屋の様子をレポート!

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ 宿泊記:アップグレード結果と部屋の様子をレポート!

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は2016年オープンの新しいホテルです。オープンしてしばらくの間は独自のプログラム運営をしていたため、マリオットグループの特典を利用できるようになったのは、2018年9月からになります。今回我々は、SPGアメックスのポイントを利用した無料宿泊として、こちらのホテルに宿泊することができました。また、私はマリオットの「プラチナ会員(旧プラチナプレミア、現チタン)」となっています。そこで当記事では「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の宿泊記として、マリオットのプラチナ会員としてのアップグレード結果と、部屋(客室)の様子をレポートしていきたいと思います。

目次

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチとは

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ(The Ritz-carlton Residences, Waikiki Beach)」はその名前のとおり、世界的に有名な「ザ・リッツ・カールトン」ブランドのホテルです。2016年7月にオープンしました。

 

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は公式HPでは以下のように紹介されています。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチは、単に心を奪うだけでなく、ご宿泊のお客様を新たな贅沢の境地へいざないます。リゾート体験は広々とした8階のロビーから始まります。暖かい風とオーシャンビューがこの地を訪れた理由を思い起こさせ、エルメスレザー調のフロントデスクはこれから待ち受けているものを彷彿とさせます。ここは、時代を超えた装飾ときめ細やかな心配りを何より大切にする都会のオアシスです。海辺まで徒歩でほんの5分、ラグジュアリー・ロウ(Luxury Row)に隣接した場所に位置するホノルルリゾートの特長:

  • ザ・マーケット、ハワイ初出店のディーン&デルーカ、すし匠での印象的なダイニング
  • ワイキキ・ビーチで最も高い8階にある、プライベートカバナ付きインフィニティ・リゾートプール
  • ザ・リッツ・カールトン・スパでの現地にインスパイアされたトリートメント スタジオ、1ベッド、2ベッド、3ベッドルームからお選びいただける全307室のレジデンス

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ

 

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の周辺地図は以下になります。ワイキキビーチから一本奥に入った「クヒオ通り」沿いに位置しています。

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:カテゴリー

「ザ・リッツ・カールトン」は、世界最大のホテルグループであるマリオットの最上級ブランドとして位置付けされています。

マリオットのホテルは、各ホテルのグレードを「カテゴリー」で分類しており、「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は、カテゴリー7に位置付けられています。

カテゴリーは1から8までの分類となりますので、カテゴリー7は上から2つ目ということになります。マリオットの中でも、かなりの高級ホテルという位置付けとなります。

 

ちなみに、ハワイ、ワイキキエリアにおけるマリオットグループのホテルのカテゴリーは以下になります。新カテゴリーは2019年3月6日から適用されるものです。ワイキキエリアの場合は、「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」を含むカテゴリー7が最上位ということになっております。

<ハワイ(ワイキキ)のホテルの新カテゴリー一覧(2019年)>

 

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:ホテル規約

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」のホテル規約は以下のようになっています。チェックインは「午後4時」からということで、比較的遅い時間に設定されています。日本からのハワイ便の場合、午前中に飛行機が到着することが多いため注意が必要です。

また、面白い規約として「少なくとも2泊滞在していただく必要があります」というものがあります。これは、後述する「ポイントでの無料宿泊」の場合は適用対象外となっていますが、有料での宿泊の場合で、ホテルホッピングするような際には注意が必要ですね。

<ホテル規約>

  • チェックイン:午後4時
  • チェックアウト:午後12時
  • 少なくとも2泊滞在していただく必要があります
  • キャンセルは、現地時間でご到着予定日の3日前(72時間)の午後4時までにお願いいたします。それ以降は全額が請求されます
  • リゾートでの喫煙は禁止となっております

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチで予約した部屋と料金(ポイント数)

スポンサーリンク

利用したポイントと現金

今回、「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」には、SPGアメックスのポイントを利用して無料宿泊しました。予約した客室のカテゴリーは「デラックスオーシャンビュー(正式名称:スタジオ・デラックスオーシャンビュー)」、利用したポイントは「60,000ポイント」でした。

そして、実は「ザ・リッツ・カールトン」では、他のマリオットのホテルで設定されている「リゾートフィー」を徴収していないため、完全無料で宿泊することができます。まとめると以下のようになります。

<利用したポイントと現金>

  • 客室のカテゴリー:デラックスオーシャンビュー(スタジオ・デラックスオーシャンビュー)
  • 利用したポイント:60,000ポイント
  • 必要な現金:なし

 

MEMO

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は、オープン当初は独自のプログラム運営をしており、マリオットの会員プログラムの特典の適用外となっていました。そのため、ポイントによる無料宿泊もできませんでした。

しかしながら、2018年8月に実施された、マリオットとSPGのプログラム統合のタイミングで、マリオットの会員プログラムに参加することになり、2018年9月ごろから、ポイントによる無料宿泊も解禁されました。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ 宿泊記:部屋の様子をレポート

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の宿泊記として、部屋の様子をレポートしていきたいと思います。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:外観とロビーの様子

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の外観はこんな感じです。2016年開業ということで、ワイキキエリアの中でも最新の部類に入り、近代的な高層ビルが印象的になっています。左手のタワーが2016年オープンの旧館(エヴァタワー)、右手のタワーが2018年オープンの新館(ダイヤモンドタワー)となっています。

 

こちらは、「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の1階の入り口周辺。高層ビルのためなのか、この辺りはいつも強風が吹き荒れています。写真でも、木々の葉がなびいているのがわかりますね。

 

こちらは、入り口から1階のロビーに入ったところです。風車をかたどったオブジェが印象的です。前述のとおり、風がとても強いので、風車もフル回転でした(笑)。

 

1階のロビーにもレセプションがあり、こちらでチェックインの旨を告げると、8階にあるロビーまでアテンドしてくださいました。また、この時に「レイ」のプレゼントもありました。

 

「レイ」のプレゼントがあると、ハワイっぽくてテンションがあがりますよね。

 

ちなみに、1階のロビーには車寄せがあるのですが、柱が「W」っぽくなっています。将来的に「W」にリブランドしても安心ですね(笑)。

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:チェックインの様子

さて、そんなこんなで、こちらが8階のロビーです。正面は吹き抜けになっていて、開放感のある空間になっています。チェックインはこちらのレセプションで行います。

 

チェックインの際には、おしぼりとウェルカムドリンクの提供がありました。ちょっとした心遣いが嬉しいですね。ベースはノンアルコールのフルーツジュースになっており、添えられているブランデーを入れることで、アルコールのカクテルにすることもできるようになっていました。

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:アップグレードの結果

私はマリオットの上級会員である「プラチナ会員(旧プラチナプレミア、現チタン)」となっています。この場合、チェックイン当日の空室状況により、客室のアップグレードを受けることができるという特典があります。

そのため、マリオットグループのホテルでチェックインをする際は、アップグレードが受けられるか、いつもドキドキしています。

しかしながら、こちらのハワイのザ・リッツ・カールトンは、通常のホテルとは違い「レジデンス」とう形態をとっています。つまり、部屋の所有者がいて、その所有者との契約のもと、客室をザ・リッツ・カールトンが貸し出すというシステムですね。

そして、この「レジデンス」というシステムをとっているため、ハワイのザ・リッツ・カールトンでは、上級会員と言えどもアップグレードの特典は適用されない規約となっているそうです。

ということで、今回は「ノーアップグレード」という結果になりました。残念・・。

 

ただし、同じカテゴリー内での多少の融通は可能なようで、この時は、2018年11月にオープンしたばかりの新館の高層階のお部屋をアサインいただくことができました。

小幅のアップグレードになりますが、できる範囲で配慮いただいて、感謝感謝です。

 

ちなみに、私が宿泊した日付で「デラックスオーシャンビュー(スタジオ・デラックスオーシャンビュー)」のお部屋を現金で予約しようとした場合、「845ドル」となっていました。まとめると以下となります。

<全額現金で支払った場合>

  • 客室のカテゴリー:デラックスオーシャンビュー(スタジオ・デラックスオーシャンビュー)
  • 必要な現金:845ドル(リゾートフィーは必要なし)

 

MEMO

マリオットのホテル予約は「最低価格保証(ベストレート保証)」を提供している公式サイトからが最もお得です。公式サイトは以下からご参照ください。

マリオット公式サイトはこちら!

 

 

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ:部屋(客室)の様子

さて、そんなこんなで、ここではアサインいただいた、新館「デラックスオーシャンビュー」のお部屋をご紹介していきたいと思います。

新館「デラックスオーシャンビュー」:全体像

今回アサインいただいたのは、新館の22階のお部屋になります。ワイキキエリアとしては、なかなかの高層階ですね。

お部屋の中に入るとこんな感じです。全体的に縦長のレイアウトのお部屋になっています。手前側が寝室でベッドやクローゼットなど、奥側がリビングでテーブルやソファー、キッチンなどが配置されています。

 

寝室とリビングの間には扉も用意されていますので、閉じて利用することもできるようになっています。「デラッスクオーシャンビュー」のお部屋の広さは40平米ということですが、レイアウトが良いのか、それよりも広く感じます。

また、内装はモダンでシンプルな印象です。こちらの新館は2018年11月オープンということで、家具はどれも新しく、とても気持ちが良いです。

 

こちらはベッド。キングサイズが1台用意されています。綺麗にベッドメイクされていますね。

 

こちらは、ベッドの前の液晶テレビ。テレビはリビング側にもありますので、ひと部屋に2台ある計算です。寝室側のテレビは、ちょっと小ぶりな印象。

 

こちらはリビング。テーブルとチェアのセットと、ソファーセットがあります。なかなかゆとりのある広さですね。窓が大きく取られており、明るく開放感のある印象です。窓からは、ラナイにでられるようになっています。

 

リビングには、キッチンも併設されています。こちらの「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」はレジデンスということで、長期滞在向けの設備も充実しているということですね。

 

リビングに設置されている液晶テレビは寝室のものよりも大型で、55インチほどの大きさがあると思われます。Netflix、Hulu、Pandora、YouTubeなどをインタラクティブに視聴できる、最新機能を搭載したものになっています。

 

ソファーテーブルの上には、ウェルカムメッセージとギフトも用意されていました。お花が添えられているのがかわいいですね。

 

スポンサーリンク

新館「デラックスオーシャンビュー」:眺望

こちら、新館「デラックスオーシャンビュー」のお部屋からの眺望はこんな感じです。

海までは、「フォート・デロシー・ビーチパーク」を間に挟んで、目の前に視界を遮る建物がないため、オーシャンビューの素晴らしい景色を楽しむことができます。

 

こちらの「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は、海からの距離が若干あるため、眺望はどうかな?と心配していたのですが、良い意味で想像を裏切られました。これなら、心配無用ですね。

 

ラナイには、チェアとテーブルも用意されているので、こちらでフードやドリンクをいただくのも気持ち良さそうです。

 

こちらは、夕方の眺望です。こちらの客室は南西向きとなっているため、夕日ど真ん中の、ダイナミックな眺望を楽しむことができました。

 

こちらは、夜の眺望です。ヒルトンおよびアラモアナ、ダウンタウン方面のビル群の夜景を楽しむことができます。

 

さらに、この日はたまたま金曜日(計算して金曜日を狙ったという噂もありますが)だったので、ヒルトンの花火もお部屋から楽しむことができました。ちょっと遠めではありますが、お部屋からゆったりと楽しむことができるのは最高ですね。

 

新館「デラックスオーシャンビュー」:バスルーム&アメニティ

続いては、気になるバスルーム&アメニティをご紹介していきます。

新館「デラックスオーシャンビュー」のバスルームはこんな感じです。手前側が洗面台、奥側がバスタブになっています。

 

洗面台は2ボールとなっており、ゆとりのあるスペースとなっています。タオル類も豊富に用意されています。

 

バスローブももちろん用意があります。キメの細かい生地で肌触り抜群です。

 

バスタブはこんな感じです。かなりの広さがあり、男性でも足を伸ばしてゆったりできます。深さも十分。バスタブをあまり重視しないアメリカでこれだけの大きさのものはありがたいですね。

 

シャワーは可動式の使いやすさを重視したタイプ。ヘッドで水流を変えることができます。

 

アメニティはこんな感じです。「ザ・リッツ・カールトン」共通の「Asprey(アスプレイ)」のものが用意されていました。イギリス王室御用達の高級メーカーです。レジデンスと言えども、この辺りは共通なんですね。

 

ドライヤーももちろんあります。

 

トイレはウォシュレット付きとなっていました。ウォシュレット付きが標準になりつつある日本人には嬉しいポイントですね。

 

新館「デラックスオーシャンビュー」:キッチン

続いては、キッチンの様子をご紹介します。新館「デラックスオーシャンビュー」では、キッチンはリビングに併設されています。

キッチンはこんな感じで、右手がIHの2口コンロ、真ん中がネスプレッソ、左手がシンクになっています。オーブンレンジもあります。

 

ネスプレッソについては、いくつかカプセルが用意されていました。また、紅茶のティーバッグの用意もありました。

 

棚の下には、鍋やフライパン、ボウルや布巾などの他、食洗機もありました。

 

棚の上には、食器やグラス、マグカップの他、トースターやポットの用意もあります。

 

もちろん、ナイフやフォーク、スプーン、お箸などもカトラリーの用意もあります。自炊するのに必要なものは、ひととおり用意されている印象です。至れり尽くせりですね。

 

ちなみに、キッチンの一番左の扉の中には冷蔵庫が格納されています。アメリカの家庭にありそうな、かなり大きなサイズのものです。

 

中には、無料のお水(2本)が用意されている他は、空になっていました。食材詰め放題ですね。

 

新館「デラックスオーシャンビュー」:その他設備

続いては、新館「デラックスオーシャンビュー」の、その他の設備を確認していきたいと思います。

寝室のベッドの前の扉を開けるとこんな感じになっています。左手にあるのは、洗濯機と乾燥機です。これらの設備が部屋の中にあるのはとても便利ですね。

 

洗剤なども用意されていましたので、そのまま利用することができそうです。

 

右手の棚の中には、セーフティーボックス(金庫)と、使い捨てのスリッパの用意もありました。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」の宿泊記として、マリオットのプラチナ会員としてのアップグレード結果と、部屋(客室)の様子をレポートさせていただきました。

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は、2016年オープンの新しいホテルです。しかも、今回アサインされたのは2018年にオープンしたばかりの新館ということで、どこもピカピカで気持ちよく宿泊することができました。

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」は、オーシャンフロントのホテルに比べると、ビーチからの距離があるため、眺望が若干不安ではありました。しかしながら実際に宿泊してみると、目の前には遮るものがない素晴らしい眺望を楽しむことができ、良い意味で予想を裏切られました。

ウェルカムドリンクやウェルカムギフトの提供など、レジデンスと言えども、所々で「ザ・リッツ・カールトン」ブランドらしい、ホスピタリティを感じることもでき、全体的にバランスの良いホテルだというように感じました。

次回は、今回紹介しきれなかったプールの様子などを中心にご紹介したいと思います。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<ハワイ旅行記2019の目次、記事一覧>

 

それでは、また!

 

関連記事