【4月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの入会が絶対にお得!

モッピーの評判は危険・怪しい?ポイントサイトの安全性を評価!<2020年最新>

モッピーの評判は危険・怪しい?ポイントサイトの安全性を評価!<2020年最新>

評判が高く絶大な人気を誇るポイントサイトに「モッピー」があります。しなしながら、インターネット上でモッピーを検索すると「怪しい」「危険」「悪質」などネガティブなワードが候補として並ぶのも事実です。そこで当記事では、モッピーを「安心して利用できるか」「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という2つの観点から評価し、その安全性と魅力について確認していきたいと思います。

更新履歴(2020年4月1日):最新情報に更新!

モッピーとは

モッピー(moppy)」は、株式会社「セレス」が運営するポイントサイトです。かわいいリスのキャラクターが目印です。

 

内職や副業、お小遣い稼ぎを目的としたポイントサイトとして人気が高く、累計会員数700万人以上を誇る、日本最大級のポイントサイトです。2005年設立ということで、15年以上の歴史を誇ります。

「モッピー」は規模も大きく、歴史もあるポイントサイトですが、近年、ホームページやポイント還元制度を次々にリニューアルしています。また、陸マイラーにメリットのあるキャンペーンを継続して実施しており、陸マイラーに非常に評判の高いポイントサイトです。

 

モッピーの特徴からメリット、デメリットまでの詳細は以下の記事もご参照ください。

 

モッピーの評判は危険・怪しい?

陸マイラー御用達とも言われている「モッピー」ですが、ネットで検索すると「危険」「怪しい」「悪質」などのネガティブワードが候補として並ぶのも事実です。

「モッピー」は本当に危険で怪しいポイントサイトなのでしょうか?

当記事では、いくつかの評価基準を持って、「モッピー」の危険性・安全性を確認していきたいと思います。

 

モッピーを評価する基準

私は、ポイントサイトを利用した「ポイ活」を2016年からスタートしています。実際に利用してみると、良いポイントサイト、悪いポイントサイトの見分けがだんだんとつくようになってきました。

私が、ポイントサイトを利用する際に重視するポイントは以下になります。「1から5」がそのポイントサイトを安心して利用できるかという観点、「5から10」が、そのポイントサイトでポイントを稼いで有効に活用できるかという観点になります。

<モッピーを評価する基準>

  • 安心して利用できるか
    • 1:ポイント表記がわかりやすい
    • 2:運営歴が長く会員数が多い
    • 3:運営会社が上場している
    • 4:JIPCへ加盟もしくはプライバシーマークを取得している
    • 5:ポイント保証制度が充実している
  • ポイントを稼いで有効に活用できるか
    • 6:高額案件のポイント還元数が高い
    • 7:コツコツ案件の対象数が多い
    • 8:魅力的なキャンペーンを継続している
    • 9:ポイント交換先が充実している
    • 10:交換手数料が安い

 

安心して利用することができても、ポイントを稼げなければ旨味がありませんし、ポイントを稼いでも有効活用できなれれば意味がありません。

すべての項目を満たすことは難しくても、満たしている項目が多ければ多いほど魅力的なポイントサイトということが言えますね。

 

モッピーの危険性・安全性を評価

まずは、モッピーを「安心して利用できるか」という観点で評価していきたいと思います。

1:ポイント表記がわかりやすい

モッピーのポイントは「1ポイント=1円」の価値で表示されています。

ポイントサイトの中には、「2ポイント=1円」や「20ポイント=1円」など、わかりにくい表記をしているところがあり、ユーザーは混乱しやすくなっています。

その点、モッピーのポイント表記は初心者にもわかりやすく、利用しやすいということが言えます。

2:運営歴が長く会員数が多い

モッピーは2005年から運営をスタートしています。

2020年現在では15年以上の歴史を持っているということになります。また、会員数は700万人を超えています。700万人という数字は、ポイントサイト界でも最大級の規模となっています。

運営歴が長く、会員数が多いということは、それだけ長い期間、多くのユーザーに支持され続けてきた結果であり、安心感がありますね。

3:運営会社が上場している

モッピーの運営会社である「株式会社セレス」は東証一部に上場しています。

ポイントサイトの運営会社が東証一部に上場しているというのは、実は非常に稀なことです。親会社が上場している事例は他にもありますが、運営会社自体が上場しており、しかも、上場基準が一番難しいと言われる東証一部に上場しているというのは、段違いの安心感です。

4:JIPCへ加盟もしくはプライバシーマークを取得している

モッピーはJIPCへ加盟しており、かつ、プライバシーマークも取得しています。両方の基準を満たしているのは、ポイントサイト界でも非常に稀なことです。

モッピーが他のポイントサイトに比べて、より一層、ユーザーの個人情報に配慮しているということを伺い知ることができます。

 

JIPCとは

日本インターネットポイント協議会(JIPC)とは、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行及びポイント流通に関わるインターネットポイント・サービス提供者で、オープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

参考 TopページJIPC
プライバシーマークとは

プライバシーマーク制度は、事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを評価し、その証として“プライバシーマーク”の使用を認める制度です。

参考 Topページプライバシーマーク

 

5:ポイント保証制度が充実している

ポイントサイトの中には、広告を利用した際の通帳記帳や、ポイント承認に対して、ユーザー側の不備がなかった場合にそれを保証する制度(=ポイント保証制度)を導入しているところがあります。

ポイント保証制度を導入している代表的なポイントサイトは「ハピタス」です。

 

モッピーの場合は、残念ながらポイント保証制度を導入していません。これが、モッピーを「安心して利用できるか」という観点では唯一とも言えるデメリットとなっています。

ただ、モッピーの場合、通帳記帳やポイント承認に関して問題がある場合は、サポート窓口に相談して対応していだくことができるため、致命的なデメリットというわけではありません。

 

「安心して利用できるか」評価結果のまとめ

モッピーを「安心して利用できるか」という観点で評価した結果をまとめると以下のようになります。評価は4段階(◎:他に比べて優れている、◯:他と同等、△:他に比べて弱いところがある、X:対応していない)としています。

ポイント保証制度を提供していないのが唯一の欠点となっていますが、それ以外はすべて◎の評価となっています。これは、他ポイントサイトと比較してもトップレベルの結果となっています。

この結果から、モッピーは危険でも怪しいものではなく、安心して利用できるポイントサイトということが言えますね。

<「安心して利用できるか」の評価結果のまとめ>

 
評価
理由
ポイント表記
1ポイント=1円の表記となって初心者でもわかりやすいです。
運営歴と会員数
2005年運営スタートで、会員数700万人以上となっています。会員数はポイントサイト界で最大級です。
運営会社の上場
運営会社の「セレス株式会社」は東証一部に上場しており安心感があります。
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
「プライバシーマーク」を取得しています。また、日本インターネットポイント協議会(JIPC)にも加盟しています。
ポイント保証制度
X
ポイント保証制度は用意されていません。これは唯一とも言える欠点です。

 

モッピーの稼ぎやすさ・使いやすさを評価

続いては、モッピーを「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という観点で評価していきたいと思います。

6:高額案件のポイント還元数が高い

ポイントサイトで稼いで行こうとした場合、1案件で大量のポイント還元を獲得できる「高額案件」が重要となります。

例としては、クレジットカード案件やFX案件、投資面談案件などがこれに該当します。また、最近では、コーヒーの定期契約案件などでも大量ポイント還元を提供しており、話題になりました。

 

高額案件は1つの案件を実施するだけで大量ポイントを獲得することができるため、時間のないサラリーマンなどに特に人気があります。

モッピーの場合は、常にNo1のポイント還元を提供しているというわけでありませんが、概ね2位グループに含まれるぐらいのポイント還元を提供しています。期間限定などのタイミングによってNo1のポイント還元となることも多く、ツボを抑えたポイント還元を提供しているのが特徴です。

また、ポイントサイト界の中でも規模が大きい(=影響力が強い)というメリットを生かし、モッピー独占となる案件もしばしば提供しています。

そういう意味では、高額案件の強さという観点では、ポイントサイト界でもトップレベルとなっています。

 

7:コツコツ案件の対象数が多い

ポイントサイトで稼いで行こうとした場合、高額案件と並んで重要なのがコツコツ案件です。これは、1案件で獲得できる還元ポイントは少ないものの、回数を重ねることで獲得ポイントを積み上げていける案件です。

例としては、ショッピング案件やアンケート案件、モニター案件などがこれに該当します。

 

コツコツ案件は、自宅にいる時間が比較的長い、主婦(主夫)などに特に人気があります。

コツコツ案件は基本的にはポイントサイト間でポイント還元(還元率)に大きく差がつくようなことはないため、扱っている案件数が多いことが重要になります。

モッピーの場合、メジャーなショッピングサイトと提携しているため、基本的には困ることはありません。しかしながら、ポイントサイト界でNo1の広告数を誇っている「ハピタス」や「ポイントタウン」と比べると、若干品揃えが少なくなっています。

 

8:魅力的なキャンペーンを継続している

モッピーの場合、陸マイラーに的を絞った魅力的なキャンペーンを提供していることで有名です。

 

JALマイラー向けには、「ドリームキャンペーン」を提供しています。これは、モッピーで獲得したポイントを、80%という高いレートでJALマイルに交換できるというものです。

ポイントサイトのポイントをJALマイルに交換しようとした場合、一般的な交換レートは50%となっています。「ドリームキャンペーン」を利用した場合、これが30%もアップするということで、非常にインパクトの高いキャンペーンとなっています。

 

また、ANAマイラー向けには「エクスプレスキャンペーン」を提供しています。これは、モッピーで獲得したポイントを、86.3%という高いレートでANAマイルに交換できるというものです。

ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換しようとした場合、一般的な交換レートは75%となっています。「エクスプレスキャンペーン」を利用した場合、これが10%以上もアップするということで、こちらも魅力的キャンペーンとなっています。

 

この2つのキャンペーンは、過去は期間限定で提供されていたものですが、2020年1月現在は、どちらも常設のキャンペーンとなっています。

JALマイルにしてもANAマイルにしても、このようなキャンペーンで優遇レートを常設しているのはポイントサイト界の中でもモッピーだけです。

ポイントサイトでポイントを貯める目的がマイルを獲得するものである場合、他のポイントサイトよりも有利な交換ルートを提供しているというのは、とても魅力的なことです。

そのため、モッピーは陸マイラーの中では絶大な人気を誇る、陸マイラー御用達のポイントサイトとなっています。

f:id:pipinobu:20170626222601j:plain

 

9:ポイント交換先が充実している

モッピーで貯めたポイントは、銀行口座に出金することで現金化することができます。

モッピーの場合、300ポイント(=300円相当)から銀行口座に出金することができます。ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・ジャパンネット銀行など、主要な銀行に直接出金することができます。

 

また、ポイント交換先として、主要なポイント交換サイトである「ドットマネー」「PeX」「Gポイント」の3つに対応しています。この3つのポイント交換先に直接交換可能となっているのは、ポイントサイト界の中でも稀なことです。

この3つのポイント交換先にポイント交換できることで、ポイント交換先としては無数のバリエーションを確保しており、ポイント交換先に困るということはまずありません。ポイントを貯める目的に応じて、交換先を柔軟に選択することができます。

 

また、モッピー は「ドットマネー」へのポイント交換に対応することで、ANA陸マイラーであれば御用達の「TOKYUルート」にも対応しています。「TOKYUルート」を利用することで、モッピーで獲得したポイントは「75%」という高いレートでANAマイルに交換することができます。

<TOKYUルートの概要図>

TOKYUルートの全体像

 

TOKYUルート」の詳細は以下の記事をご参照ください。

 

10:交換手数料が安い

モッピーの場合、「ドットマネー」「PeX」「Gポイント」の3つのポイント交換サイトに対して、手数料無料でポイント交換することができます。

 

手数料無料ということは、獲得したポイントが目減りすることなく有効利用できるということを意味しています。マイルに交換する上では、このポイント交換サイトに手数料無料で交換できるというのが、高い交換レートを維持するという観点でとても重要になります。

「ポイントを稼いで有効に活用できるか」評価結果のまとめ

モッピーを「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という観点で評価した結果をまとめると以下のようになります。評価は4段階(◎:他に比べて優れている、◯:他と同等、△:他に比べて弱いところがある、X:対応していない)としています。

コツコツ案件の評価が○になっているものの、それ以外はすべて◎の評価となっています。これは、他ポイントサイトと比較してもトップレベルの結果となっています。

この結果から、モッピーは「ポイントを稼いで有効に活用できるかどうか」という観点でも、トップレベルの実力を持つ、魅力的なポイントサイトである、ということが言えますね。

<「ポイントを稼いで有効に活用できるか」の評価結果のまとめ>

 
評価
理由
高額案件
常にNo1の還元数というわけでありませんが概ね高額です。タイミングによってNo1の還元数となることも多くあります。また、独占案件もしばしば登場するため目が離せません。
コツコツ案件
メジャーなところは網羅されていますが、ハピタスに比べると品揃えが若干劣ります。
キャンペーン
ANAマイラー向けの「エクスプレスキャンペーン」とJALマイラー向けの「ドリームキャンペーン」を常設しています。陸マイラーであれば利用必須となっています。
ポイント交換先
ドットマネー、PeX、Gポイントという3つのポイント交換サイトに等価交換できます。目的に応じて交換先を柔軟に選択することができます。
交換手数料
上記3つのポイント交換サイトへの交換手数料が無料となっています。とても良心的です。

 

モッピーを他ポイントサイトと比較

同じ評価基準を用いて、当ブログでオススメしている5つのポイントサイトを比較した結果は以下になります。これをランキングとしてまとめると以下のようになります(ハピタスとライフメディアは同点で2位)。

<ポイントサイトを比較したランキング>

  • 1位:モッピー
  • 2位:ハピタス
  • 2位:ライフメディア
  • 4位:ECナビ
  • 5位:ポイントタウン

 

今回ご紹介している「モッピー」が頭ひとつ抜けてNo1の評価を獲得していることがわかりますね(◎が3点、◯が2点、△が1点、Xが0点としています)。

<他ポイントサイトとの比較結果>

 
モッピー
ハピタス
ライフメディア
ECナビ
ポイントタウン
ポイント表記
運営歴と会員数
運営会社の上場
X
JIPC加盟/プライバシーマーク取得
ポイント保証制度
X
X
X
高額案件
コツコツ案件
キャンペーン
ポイント交換先
交換手数料
合計
26
20
20
19
18

 

この結果から、モッピーは「安心して利用できるか」という観点でも、「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という観点でも、他に比べて優れたポイントサイトであるというように、結論付けることができます。

これからポイントサイトに登録してポイントを稼いで行こう、という方は、まずは「モッピー」に登録して、活用していっていただければと思います。

オススメのポイントサイトを比較した結果についての詳細は以下の記事をご確認ください。

 

モッピーの入会は当ブログ経由がお得

当ブログはモッピーと協業させていただいており、当ブログを経由して入会後、条件をクリアしていただくことで1,000円相当のポイントを獲得することができます。

こちらの入会キャンペーンは2020年4月30日までの期間限定となっています。ぜひご利用いただければと思います(入会の際は以下のバナーをご利用ください)。

 

ポイント獲得条件等の詳細は、以下の記事も合わせてご参照ください。

「モッピーの評判は危険・怪しい?ポイントサイトの安全性を評価!」のまとめ

今回は、モッピーを「安心して利用できるか」と「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という2つの側面から評価し、結果を確認していきました。

評価の結果から、モッピーは「安心して利用できるか」という観点でも、「ポイントを稼いで有効に活用できるか」という観点でも、他に比べて優れたポイントサイトであるということがご理解いただけたのではないかと思います。

モッピーは、お小遣い稼ぎを目的にした方にも、陸マイラーとしてマイル獲得を目的にした方にも、どちらにもオススメできるポイントサイトです。

これからポイントサイトに登録して「ポイ活」もしくは「陸マイラー」を始めようという方は、まずは「モッピー」に入会するところから初めていただければと思います。

MEMO

モッピーを含む「ポイントサイトの入会特典ランキング」をこちらでまとめております。ポイントサイトの入会はキャンペーン中にまとめて実施しておくのがオススメです。

 

それでは、また!

 

関連記事

ポイ活」をこれから始めようという方はこちらの記事をご参照ください。ポイ活のやり方を初心者向けに解説しております。

 

陸マイラー」をこれから始めようという方はこちらの記事をご参照ください。大量ANAマイルの貯め方を初心者向けに解説しております。

 

マイルを使った「マイル旅」の実績についてはこちらの記事をご参照ください。私は年1回のハワイ旅行に加えて、ファーストクラスやビジネスクラスを利用したニューヨーク、イタリア、ウィーン、香港、シンガポール旅行などをほぼ無料で実現しています。