【10月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?

今回は「ザ・プリンス パークタワー東京」のアフタヌーンティーをご紹介したいと思います。「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」で利用したのですが、東京タワーを望める良い窓側席で、美しいフードと紅茶をゆっくりといただくことができ、贅沢な時間を過ごすことができました。当記事では、メニューと価格、予約方法から、提供内容まで、詳しくご紹介していきたいと思います。

ザ・プリンス パークタワー東京とは

プリンスホテルの最上級ブランドに位置付けされる高級ホテル

「ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)」は、西武グループが運営母体となる「プリンスホテルズ&リゾーツ」系列のホテルです。

プリンスホテルのブランド構成は以下のようになっています。「ザ・プリンス パークタワー東京」は、プリンスホテルの中でも最上位のブランドである「ザ・プリンス」に位置付けられています。

<プリンスホテルのブランド構成>

  • ザ・プリンス<=今回利用
  • グランドプリンス
  • プリンスホテル
  • プリンススマートイン

 

ザ・プリンス パークタワー東京の場所とアクセス

東京都港区芝公園に位置し最寄駅は地下鉄「赤羽橋駅」

「ザ・プリンス パークタワー東京」は、東京都港区芝公園に位置する33階建ての高層ホテルです。

最寄駅は、都営地下鉄大江戸線の「赤羽橋駅」となっています。赤羽橋駅の「赤羽橋口」から徒歩2分の距離となっています(実際に歩いてみると、徒歩5分ほどです)。

「赤羽橋駅」は東京タワーにアクセスする際の最寄駅にもなっています。駅から外に出ると、東京タワーを意外なほど近くに見ることができます。

 

<電車でのアクセス>

  • 都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅(赤羽橋口)から徒歩2分。<=最寄駅
  • JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩12分。
  • 都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅(A6)から徒歩9分。
  • 地下鉄日比谷線神谷町駅(1番)から徒歩12分。
  • 都営地下鉄三田線芝公園駅(A4)から徒歩3分、御成門駅(A1)から徒歩5分。

 

「ザ・プリンス パークタワー東京」の周辺地図は以下になります。芝公園内に位置しているのがよくわかります。

 

スポンサーリンク

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティー会場の選択肢

ロビー階に位置するカフェ「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」でアフタヌーンティーを提供

「ザ・プリンス パークタワー東京」では、ロビー階に位置するカフェ「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」でアフタヌーンティーを提供しています。

「Lobby Lounge」自体は朝から夜まで営業していますが、アフタヌーンティーの提供は「12:00から」となっています。「The Lobby Cafe」の営業時間は以下になります。

<営業時間とアフタヌーンティーの提供時間>

  • 営業時間:10:00A.M.~6:00P.M.(ラストオーダー5:30P.M.)
  • アフタヌーンティーの提供時間:12:00NOON〜6:00P.M(最終入店3:00P.M.)

 

MEMO

上記営業時間はコロナ禍で短縮されたものです。最新情報はホテルの公式サイトをご参照ください。

ザ・プリンス パークタワー東京「Lobby Lounge」

 

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティーをブログレポート

ザ・プリンス パークタワー東京の外観

「ザ・プリンス パークタワー東京」の外観はこんな感じです。33階建ての高層ホテルということで威風堂々とした雰囲気です。

周囲に高い建物がないため、より高さが際立っています。東京タワーとの2ショットがかっこいいですね。

 

正面玄関周辺はタクシーやバスなどの車寄せになっています。広いスペースにゆとりがあります。それでは、さっそく中に入ってみたいと思います。

 

ザ・プリンス パークタワー東京のロビー

正面玄関から中に入ると、クリスタルのオブジェが特徴的でスタリッシュな空間になっています。左手に進むとレセプション、右手に進むとホテルショップやレストラン、宴会場などがあります。

 

今回利用する「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」はロビー階に位置しています。入り口はこんな感じです。この奥にレセプションが用意されています。

 

Lobby Lounge(ロビーラウンジ)の雰囲気

「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」の中はこんな感じになっています。一面がガラス張りになっており、明るく開放感のある雰囲気になっています。

窓に沿って横長の構成となっており、窓に向かうように座席が配置されています。全体的にベージュとブラウンを基調とする落ち着いた配色になっており、上品さを感じます。

 

こちらはソファー席です。4人程度での利用に良さそうです。ゆったりとしたソファーがリラックスできそうです。

 

こちらは窓際のボックス席です。左右からの視界をさえぎるような構成になっていますので、カップルでの利用にピッタリですね。

 

窓の外には人工の「滝」が用意されており、水が流れる様子を眺めることができます。また、目線をあげると東京タワーの姿も捉えることができます。

この日は小雨模様だったため暗めな印象になってしまいましたが、なかなかに素晴らしい眺望となっています。

 

スポンサーリンク

アフタヌーンティーのメニューと価格

今回は、運良く窓際のボックス席に案内していただくことができました。席につくと、あらかじめクロスやカトラリー、メニューなどのセッティングが完了している状態となっていました。

 

アフタヌーンティーのメニューはこんな感じになっています。

 

中を開くと、左手がフードメニュー、右手がドリンクメニューという構成になっています。フードメニューには、シェフが描いたイラストが載せられています。わかりやすくて良いですね。

「Lobby Lounge(ロビーラウンジ)」では、季節に応じたアフタヌーンティーを提供しています。私が訪れたのは2021年4月中旬でしたが、このタイミングでは「ストロベリーアフタヌーンティー」を提供していました。

ストロベリーアフタヌーンティーは、こちらのカフェでも一番人気のテーマということで期待が高まります。

 

フードメニューの内容は以下のようになっています。3段トレイにプラスして別皿がセットされるという4皿構成になっています。

苺がふんだんに使われた内容ですが、中でも見た目のインパクトが大な「苺とガナッシュのヴェリエ」が目玉だということでした。

<フードメニュー>

  • 1段目
    • 苺とガナッシュのヴェリエ
    • 苺のミルフィユ
    • 苺のマカロン
    • 苺のピスターシュ
    • 苺のショートケーキ
  • 2段目
    • ルビーショコラシュータワー
    • ルビーショコラブリュレ
    • スコーン(プレーン・プラリネルージュ)
  • 3段目
    • パストラミビーフ、ハムチーズ、野菜のサンドウィッチ
    • サーモンと海老の生春巻き
    • カプレーゼ
    • アプリコットとドライフィグの生ハムピンチョス
  • 別皿
    • 温めた2種のチーズ
    • 温野菜
    • ソーセージ
    • グリルチキン
    • オリーブオイル香るバケット

 

ドリンクメニューは以下のようになっています。6種類の紅茶、6種類のフレーバー&ハーブティー、7種類のコーヒーで構成されています。

どれも利用時間内(通常2時間、ラストオーダーは終了の30分前)であれば飲み放題になっており、お代わりや飲み替え自由となっていました。

<ドリンクメニュー>

  • 紅茶
    • ダージリン
    • アサッム
    • ウバ
    • セイロン
    • キーマン
    • アールグレイ
  • フレーバー&ハーブティー
    • アップルティー
    • アイスティー
    • カモミール
    • レモニーアフタヌーン
    • セント オブ フラワーズ
    • ペパーミントジンジャー
  • コーヒー
    • オリジナルブレンドコーヒー
    • アメリカンコーヒー
    • アイスコーヒー
    • エスプレッソ
    • カフェオレ(ホットまたはアイス)
    • カプチーノ
    • デカフェ

 

価格はひとりあたり「5,400円(税込)」となっています。ここにサービス料が10%加算されますので、トータルでは「5,940円」となります。

都内のラグジュアリーホテルのアフタヌーンティーの価格は6,000円から8,000円ほどが平均的となっていますので、どちらかと言えばリーズナブルな部類となります。

 

アフタヌーンティーの提供内容

さて、それではここからは、実際のアフタヌーンティーの提供内容を確認していきたいと思います。

ドリンク

まずはドリンクです。アイスのドリンクに関してはグラスでの提供になります。一杯ずつの飲みきりになっていますので、たくさんの種類を試したい方は前半にアイスのドリンクをいただくと良いと思います。

 

ホットのドリンクに関してはポットでの提供になっています。ポットにはティーコージーが用意されており、冷めないような考慮がなされているのが良いですね。

ポットは2杯分の分量となっています。基本的には、飲み切ってからの交換(飲み替え)となっています。

 

紅茶の茶葉については、種類ごとに最適なものが選択されているということで、特定のブランドを採用しているのはないそうです。

ちなみに、こちらの「Lobby Lounge」は、日本紅茶協会認定の「おいしい紅茶の店」となっています。紅茶はどれも間違いのない美味しさとなっています。

 

フード

続いてはお待ちかねのフードです。フードに関しては、一度に全ての提供内容がサーブされます。

アフタヌーンティーとして伝統的な3段トレイに別皿がセットされるという充実した構成になっています。写真は2人前となりますが、テーブル一杯に並べられて圧巻の見た目です。

 

こちらはメインとなる3段トレイです。クラシックな見た目のティースタンドは気分が高まりますね。

 

まずこちらは1段目です。1段目はスイーツのプレートになっています。

写真右のいちごを象ったスイーツが「苺とガナッシュのヴェリエ」です。見た目にインパクトがあってかわいいですね。そこから時計回りに「苺のマカロン」「苺のショートケーキ」「苺のピスターシュ」で、中央が「苺のミルフィユ」というように並べられています。

 

どれも本格的な作りのスイーツとなっており、味は抜群でした。見た目も鮮やかでボリュームも十分ですね。

 

続いては2段目です。こちらはスコーンとスイーツのトレイとなっています。

中央が「ルビーショコラブリュレ」で、右から時計回りに「ルビーショコラシュータワー」「スコーン(プレーン)」「スコーン(プラリネルージュ)」と並べられています。

スコーンが2種類あるのが本格的で良いですね。スコーンはホロホロとした軽い食感で、バター感が強く豊かな味わいでした。

 

クロテッドクリームとジャムが用意されていますので、好みに合わせて味をカスタマイズできます。ジャムはフランスの「サン・ダルフォー」のものでした。

砂糖、保存料、着色料は不使用ということでしたが、酸味と甘味のバランスの良いジャムでスコーンとの相性抜群でした。

 

続いては3段目です。セイボリーのプレートとなっています。

右手が「サーモンと海老の生春巻き」で、そこから時計回りに「クロワッサン」「アプリコットとドライフィグの生ハムピンチョス」「パストラミビーフ、ハムチーズ、野菜のサンドウィッチ」と並べられています。中央は「カプレーゼ」ですね。

「クロワッサン」はメニューにはありませんが、隣接するベーカリーで提供されているものだそうです。ほのかに温められており、バター感たっぷりのサクサクとした食感を楽しむことができました。

また、サンドウィッチはこちらのカフェのメニューで提供されているものと同じだそうです。どのセイボリーも丁寧に作られているのが感じられる美味しさです。

 

そして、こちらが別皿で提供されるチーズフォンデュのプレートとなります。

チーズは2種類のミックスになっており、とろとろの状態で提供されています。「温野菜」と「ソーセージ」「グリルチキン」などをつけていただきます。

「オリーブオイル香るバケット」も温かい状態で提供されていますので、冷める前にいただくのが良いですね。

 

アフタヌーンティーを利用した感想

まず素晴らしいのがスイーツの充実ぶりですね。どれもパティスリーで提供されているもののような本格的な作りとなっており、味もさることながら、見た目も鮮やかで楽しむことができました。

種類も豊富でボリュームも文句なしですね。アフタヌーンティーのスイーツとしては、都内でもトップクラスのレベルの高さと感じました。

また、セイボリーも驚きの品揃えです。冷菜に加えて温菜もあり、またクロワッサンの提供もあるため、かなり満足度の高い内容になっています。軽めのランチとしても十分に利用可能ですね。

その分、スイーツとの配分を考えないと、スイーツをいただく前にお腹いっぱいになってしまいます。こちらのアフタヌーンティーはお腹を空かせた状態で伺うのが良さそうです。

 

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティーの予約方法

スポンサーリンク

アフタヌーンティーの予約は「一休」経由がお得でオススメ

「ザ・プリンス パークタワー東京」のアフタヌーンティーを予約するなら、レストラン予約サイトの「一休」を利用するのがオススメです。

一休ではセール価格や平日限定割引を提供していたり、タワービュー確約のプランなどを販売しています。公式サイトを利用するよりもポイントが付与されたり利用できるのもメリットとなります。

 

最新価格については、こちら「一休」の公式サイトをご参照ください。

「Lobby Lounge」の最新価格はこちら!

 

また、その他ホテルのアフタヌーンティー特集はこちらをご参照ください。

 

ザ・プリンス パークタワー東京のアフタヌーンティーは動画も公開中!

「ザ・プリンス パークタワー東京」のアフタヌーンティーの様子は動画にまとめてYouTubeにもアップしております。ホテルの空気感は動画の方が伝わりやすいと思いますのでぜひ合わせてご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は「ザ・プリンス パークタワー東京」のアフタヌーンティーを、メニューと価格、予約方法から、提供内容まで、詳しくご紹介していきました。

記事の中でご紹介したように、こちらのアフタヌーンティーは、スイーツ、セイボリーともに非常に満足度の高い内容になっていました。

会場となる「Lobby Lounge」は落ち着いた雰囲気でゆったりとくつろぐことができますし、紅茶も美味しくサービスも日系ホテルならではの丁寧なものでした。

価格もサービス内容からすると、コストパフォーマンスは非常に高いと感じました。

全体として、2時間たっぷり楽しむことができ、優雅で贅沢な午後の時間を過ごすことができました。オススメのアフタヌーンティーです。

 

それでは、また!

 

ザ・プリンス パークタワー東京 関連記事

今回ご紹介した「ザ・プリンス パークタワー東京」には、以前クラブフロアに宿泊していました。その時の宿泊レポートはこちらになります。合わせてご参照ください。

 

アフタヌーンティーの関連記事