【2022年11月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

ロイヤルハワイアンの朝食!サーフラナイ(Surf Lanai)のビュッフェとコンチネンタルを体験レポート!

ロイヤルハワイアンの朝食!サーフラナイ(Surf Lanai)のビュッフェとコンチネンタルを体験レポート!

ロイヤルハワイアン(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)はハワイを代表する歴史ある高級ホテルです。今回の年末年始ハワイ旅行の3軒目の宿泊ホテルとして利用しました。我々は、ロイヤルハワイアンが属するマリオットグループの上級資格である「プラチナエリート」ステータスを保有しており、その特典としてレストラン「サーフラナイ(Surf Lanai)」での朝食を無料でいただくことができました。当記事では、この「サーフラナイ」での朝食ビュッフェの様子を詳しくレポートしていきたいと思います。

更新履歴(2022年11月7日):2022年10月再訪時の最新情報を追記しました。

目次

ロイヤルハワイアンとは

ロイヤルハワイアンはハワイを代表する歴史ある高級ホテル

ロイヤルハワイアン(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort, Waikiki)はハワイを代表する歴史ある高級ホテルです。

1927年開業の老舗であり、ピンクパレスという愛称でも親しまれています。

 

ロイヤルハワイアンの公式HPでは以下のように解説されています。近代的なホテルではなく、優雅でクラシカルな内装が特徴となっています。

楽園ハワイの絵のような風景の中にたたずむロイヤル ハワイアン ホテルは、1927年の創業以来「太平洋のピンク・パレス」と呼ばれ、数あるハワイのホテルのなかでも特に長い伝統を誇っています。 優雅でクラシカルな内装のホテル内、贅沢な調度品が配された客室、椰子の木が揺れる清々しい中庭のココナッツ・グローブ、そしてワイキキ・ビーチ随一のプライベートエリアをご堪能ください。

ロイヤルハワイアンホテル – スターウッド ハワイ ホテル&リゾート

 

ワイキキエリア中心のオンザビーチに位置しておりアクセス抜群

ロイヤルハワイアンの周辺地図はこちらになります。ロイヤルハワイアンは、ワイキキエリア中心の、絶好のロケーションに位置しています。

ビーチフロントのホテルのため、ビーチへのアクセスは抜群ですし、DFS(Tギャラリア)やロイヤルハワイアンセンターなども近くにあります。

ビーチ派にも、ショッピング派にも、最高のホテルのひとつと言えます。

 

ロイヤルハワイアンのレストラン「サーフラナイ 」とは

「サーフラナイ」はオーシャンビューが特徴の絶景レストラン

「サーフラナイ(Surf Lanai)」はロイヤルハワイアンの1階に位置するレストランです。

ロイヤルハワイアンのプール、および、ワイキキビーチに面する絶好のロケーションとなっており、素晴らしい景色を楽しむことができます。

ロイヤルハワイアンの公式HPでは以下のように紹介されています。

シックなプールサイドにたたずむサーフ ラナイは、きらめく太平洋と穏やかな水面が光るフレッシュウォーター・プールの狭間の心地よいオープンエア空間で、朝食とランチをお楽しみいただけるビーチサイド・カフェです。パリッとしたホワイト・リネンが、美しいハワイアン・フラワーや鮮やかなテーブル・デコレーションと共に、シェフのお届けするコンチネンタルな美食の世界を引き立たせます。サーフ ラナイでお楽しみいただけるメニューは、世界各国のさまざまな調理法を駆使してハワイの新鮮食材をブレンドするコンテンポラリー・ハワイアン・キュイジーヌ。楽園での素晴らしい一日を、ハワイならではの味覚で始めてはいかがでしょうか。

 

「サーフラナイ」では朝食とランチを提供しており、営業時間は以下のようになっています。

<営業時間>

  • 朝食: 6:30AM~11:00AM
  • ランチ: 11:30AM~2:00PM(最終着席時間 2:00PM)

 

「サーフラナイ」の公式HPは以下になります。

 

スポンサーリンク

「サーフラナイ」で朝食ビュッフェをプラチナ特典として無料体験

今回我々は、年末年始ハワイ旅行の3軒目の宿泊ホテルとして、ロイヤルハワイアンを利用しました。

 

私は、ロイヤルハワイアンが属するマリオットグループの会員プログラムである「マリオットボンヴォイ」でプラチナ会員となっていました。

 

そのため、その特典としてレストラン「サーフラナイ」での朝食を無料でいただくことができました。

MEMO

「サーフラナイ 」で朝食をいただくには、プラチナ特典の「ウェルカムギフト」でレストランでの無料朝食を選択する必要があります。通常の無料朝食の特典はクラブラウンジでの提供となります。

 

プラチナ特典の無料朝食で利用可能なのは純粋なビュッフェのみ

「サーフラナイ」は朝食の時間帯に、アラカルトとビュッフェを提供しています。プラチナ会員の特典として無料でいただけたのは、ビュッフェの方となります。

ただし、有料での朝食ビュッフェの場合、大人42ドル、子供(6~12歳)21ドルで、「ザ・ロイヤル・トリートメント」というメインメニューの中から一品を選択することができます。

 

一方で、プラチナ会員の特典として無料でいただけるのは、純粋なビュッフェのみとなり、「ザ・ロイヤル・トリートメント」からのメインメニュー選択は有料となります。

この辺りは、有料と無料とでは、若干扱いが異なりますので注意が必要ですね。

MEMO

2022年10月再訪時はサーフラナイでの朝食ビュッフェはコロナ感染対策で休止になっていました。そして、プラチナエリート以上の会員には「コンチネンタル朝食」が提供されるようになっていました。

 

サーフラナイでの朝食ビュッフェを体験レポート(2019年)

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「サーフラナイ」での朝食ビュッフェの様子をレポートしていきたいと思います。

ここでご紹介するのは2019年の様子になります。2022年再訪時に利用した様子は次のセクションでご紹介します。

朝食ビュッフェ:外観と全体の雰囲気

「サーフラナイ」は前述のとおり、シェラトンワイキキの1階(ロビーフロア)に位置するレストランです。世界的に有名なバーである「マイタイバー」が位置する中庭に面して入り口が設けられています。

 

「サーフラナイ」は朝と昼の営業で、夜は「アズーア」という別の名前のレストランになります。ですので、看板には、「サーフラナイ 」と「アズーア」の両方の名前が記載されており、ちょっとややこしいです。

 

入り口に設けられているレセプションで、プラチナ特典として提供される「無料朝食券」を提示することで、レストランの中に案内されました。

「サーフラナイ 」には、オープンテラスのテラス席と店内席があります。こちらは店内席。店内席も扉が解放されており、明るく開放感がありますね。

 

こちらは、プール側の店内席。海からは若干の距離があり、ちょっと暗めですね・・。

 

そして、我々が案内されたのが、こちらのビーチに面するテラス席です。

豪華な天蓋付きのカバナ(4人席)を2名で使わせていただけました。こんな良い席に案内されたのは、きっと「プラチナエリート」のパワーですね(笑)。

 

席からの眺望はこんな感じです。ビーチパラソルが若干邪魔ではありますが、海からの距離も近い、最高のロケーションです。ダイヤモンドヘッドもチラ見できますね。とっても優雅です。

さらにカバナのカーテンを下ろせば、個室のように使うこともできます。

 

朝食ビュッフェ:ドリンクの品揃え

席に着くと、今回の「プラチナエリート」の特典が朝食ビュッフェの提供であることの説明と、ドリンクのオーダーがありました。

ドリンクはオーダー式で、コーヒーと紅茶に加えて、フルーツジュースをいただくことができました。フルーツジュースは、詳細は忘れてしまいましたが、4種類ぐらいから選択できました。

最初、ジュースは別料金かと思ってドキドキしたのですが、ちゃんと無料朝食の範囲となっていて、別途料金を請求されることはありませんでした(笑)。

ちなみに、後でご紹介するビュッフェテーブルの方にはドリンクの用意はありませんでしたので、最初のオーダーの時に、好きなものをもらっておいた方が良いですね。

 

朝食ビュッフェ:フードの品揃え

朝食ビュッフェのフードは、店内の一角のビュッフェテーブルに用意されています。全体像はこんな感じです。なぜか、紫の照明が施されており、朝なのに若干ムーディーです。

 

こちらは、パン各種。パンは、ロイヤルハワイアン内のベーカリーショップである「ロイヤルハワイアンベーカリー」のものが、惜しげも無く並べられていました。

 

名物の「ロイヤル・バナナブレッド」を始め、クロワッサンやスコーン、マフィンなどが、ずらずらっと並べられています。どれも焼きてた感があり、とても美味しそうです。

 

食パンやベーグルなど、食事パンもあります。

 

こちらはヨーグルト。フルーツがトッピングされており、かわいいですね。

 

こちらは、ホットミール各種。

 

こちらは、フライドライスと、スクランブルエッグなどの卵料理。ケチャップなどのソースも用意されています。

 

こちらは、ソーセージとサラミ。

 

朝食の定番である、カリカリベーコンもあります。

 

こちらは、ピザトースト的な、ホットサンドイッチ。ほうれん草が乗っています。

 

こちらは、ハッシュポテトとワッフル。どちらもカリカリな仕上がり。

 

ワッフルにはトッピングもたくさん用意されていました。ココナッツソースやメープルシロップ、生クリームに加え、いちごやブルーベリー、などなど。

 

こちらはサラダ各種。リーフサラダに加えて、キヌアのサラダも用意されているのが、今時でおしゃれですね。

 

こちらはフルーツ各種。スイカやパイナップルに加えて、大量のパパイヤが目を引きますね。

 

こちらは和食のコーナー。ご飯(白米)と味噌汁、漬物などの用意がありました。

 

朝食ビュッフェ:いただいたもの

そんなこんなで、今回いただいたものをご紹介していきます。

こちらは、スクランブルエッグにサラダやホットミールなども盛り合わせたもの。どれも丁寧に調理されており、素材の良さがわかる出来栄え。さすがロイヤルハワイアンといった感じ。

 

こちらは、ワッフルにフルーツなどをモリモリにトッピングしたもの。見た目は「カフェカイラ」を若干意識しました(笑)。

 

ワッフルはカリカリに仕上がっており、味もとてもよかったです。

 

こちらは、クロワッサンとスコーン。「ロイヤルハワイアンベーカリー」のものだけあって、間違いのない美味しさ。これが食べ放題というのは幸せです。

 

最後はフルーツ。フルーツはどれも新鮮で美味しかったですね。ハワイのパパイヤが美味しいということを知ったのは、今回のハワイ旅行での新発見です。

 

スポンサーリンク

朝食ビュッフェ:利用した感想

こちら「サーフラナイ 」の朝食ビュッフェは、素材の質の良さを感じることができる、レベルの高いものでした。

「ザ・ロイヤル・トリートメント」というメインメニューから選択できなかったのはちょっと残念でしたが、それでも十分に満足できる内容でした。

何より、ワイキキビーチを望むテラス席は、ハワイ感120%で、それだけで満足することができます。しかも、今回は素敵なカバナを使わせていただくことができ、優雅さも満点でした。

 

以下の記事では、クラブラウンジの朝食の様子もレポートさせていただきましたが、やはり、レストランでの朝食とは、比べものにならないですね。

 

プラチナステータス以上の方には、「ウェルカムギフト」でレストランでの無料朝食を選択することをオススメしたいと思います。

 

サーフラナイでのコンチネンタル朝食を体験レポート(2022年)

さて、続いてはコンチネンタル朝食の様子をご紹介していきたいと思います。

コンチネンタル朝食:レストランの雰囲気

コンチネンタル朝食がいただける場所はレストラン「サーフラナイ」となっています。ビーチが目の前になっていて相変わらず素晴らしいロケーション。

雰囲気も開放的で最高です。

 

コンチネンタル朝食:アップグレードメニュー

テーブルに案内されるとメニューが提供されます。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:テーブルセッティング

 

メニューの一角んは「BONVOY ELITE UPGRADE」というカテゴリーがあり、プラチナエリート以上はこちらのメニューをオーダーすることができます。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:アップグレードメニュー

 

こちらのアップグレードメニューは通常メニューが割引価格で提供されているのが特徴です。

例えば、人気の「PINK PALACE PANCAKES(ピンクパレスパンケーキ)」は、通常メニューでは20ドルのところ、アップグレードメニューでは12ドルで利用することができます。

8ドル引きということで人気メニューがリーズナブルに楽しめるのは嬉しいですね。

この日は夫婦2人で利用しましたので、無料のコンチネンタル朝食に追加で以下を1品ずつオーダーしました。

<追加オーダーしたもの>

  • PINK PALACE PANCAKES(ピンクパレスパンケーキ):12ドル
  • CLASSIC EGG BENEDICT(クラシックエッグベネディクト):17ドル

 

コンチネンタル朝食:提供内容

コンチネンタル朝食にはコーヒーがセットで付いています。コーヒーはフリーフローでおかわり自由になってました。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:コーヒー

 

そして最初にコンチネンタル朝食がやってきました。コンチネンタル朝食はこんな感じで、フルーツとパン、シリアル、ヨーグルトがセットになっています。

見た目はちょっと寂しいですが、フルーツは新鮮でパンは焼きたて感があって美味しいです。少食の方であればこれだけでも十分にお腹いっっぱいになりそうです。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:フルーツとパン、シリアル、ヨーグルト

 

そして、しばらくコンチネンタル朝食をいただいて待っていると、追加でオーダーしたメインメニューがやってみました。

まずこちらは「CLASSIC EGG BENEDICT(クラシックエッグベネディクト)」ですね。大きなポーションのエッグベネディクトにグリルされたポテトが添えられています。

写真ではわかりずらいですが、日本で想像するエッグベネディクトよりも2回りぐらい大きいです。ボリューム満点です。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:クラシックエッグベネディクト

 

卵部分をカットすると、半熟の黄身がとろっと流れ出してきます。絶妙な火加減でなかなか良いですね。ベーコンも厚みがあって食べ応えがある一品です。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:クラシックエッグベネディクト(断面)

 

そしてこちらが「PINK PALACE PANCAKES(ピンクパレスパンケーキ)」です。その名前のとおりピンクな見た目がかわいいですね。

焼きたて熱々の状態で提供されるのでふわふわの食感を楽しむことができます。横に添えられたフルーツとココナッツソースとの相性も抜群で絶品な味わいです。

サーフラナイのコンチネンタル朝食:ピンクパレスパンケーキ

 

こちらサーフラナイに訪れたのであればぜひ食べていただきたい一品ですね。素晴らしい雰囲気とも相まって楽しい時間を過ごすことができました。

ごちそうさまでした。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ロイヤルハワイアン宿泊記:動画レポート

こちらの「ロイヤルハワイアン」には、2020年1月に再訪しました。その時は「マイラニ・タワー・オーシャン・コーナー」にアップグレードしていただくことができました。この時の宿泊の様子は動画にまとめてYouTubeにアップしております。合わせてご参照ください。

 

また、この時の宿泊の様子はブログでも詳しくまとめております。以下の記事も合わせてご参照ください。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、ロイヤルハワイアンのレストランである「サーフラナイ」の朝食ビュッフェの様子をご紹介しました。

今回はプラチナ特典としての利用でしたので、有料の場合は利用可能な、「ザ・ロイヤル・トリートメント」というメインメニューからは選択することはできませんでした。これはちょっと残念でした。

ですが、朝食ビュッフェとして用意されていたものは、さすがロイヤルハワイアンと思わせる、どれも質の高いものばかりで、それだけで満足できる内容となっていました。

しかも今回は、優雅なカバナを2名で利用させていただくことができ、優雅さも満点でした。

こんな良い席に案内されたのは、きっとプラチナパワーに違いありません。プラチナ会員になってよかったな、プラチナパワーに感謝感謝です。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<ハワイ旅行記2019の目次、記事一覧>

 

それでは、また!

 

関連記事