【9月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?<ディストリクト>

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーをブログレポート(Top画像)

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーをブログレポート!メニューと価格、予約方法は?<ディストリクト>

「キンプトン新宿東京(Kimpton Shinjuku Tokyo)」の「ディストリクト(District)」でアフタヌーンティーをいただいてきました。平日は「ピエール・エルメ(PIERRE HERME)」とのコラボメニューとなっており、おしゃれな雰囲気の中で絶品のスイーツとフードを優雅にいただくことができました。当記事では、メニューと価格、予約方法から実際の提供内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。

更新履歴(2021年8月25日):YouTubeにアップした動画リンクを追記しました。

キンプトン新宿東京(Kimpton Shinjuku Tokyo)とは

IHG系列のラグジュアリーライフスタイルブランドのホテル

キンプトン新宿東京(Kimpton Shinjuku Tokyo)は、IHG系列のホテルです。東京の西新宿に位置しています。2020年10月にオープンしました。

キンプトンはアメリカ発の「ラグジュアリーライフスタイルブランド」で、ユニークでスタイリッシュなデザインが特徴となっています。

ホテルの公式サイトでは以下のように紹介されています。

最先端のアートやファッションの発信地NYロウアーマンハッタンが常に進化を続ける新宿に姿をあらわし、その景色を東京のクリエイティブシーンへと変える。「今」を見極める最高のキュレーターがいるギャラリーのように、アートインスタレーション、ポップアップストア、ローカルに愛されるレストランなど、いつも何かが新しく、誰かに教えたくなるようなコトが見つかるホテル。それがキンプトン新宿東京。新宿という街のあふれるエネルギーを映し出すようなライブ感のあるホテルなのに、中へと足を踏み入れれば、そこは別世界に。シームレスなサービスはもちろん、気負いない雰囲気とスタイルが両立したテラスバーやラグジュリアスなゲストルームなど、アップグレードされた日常と時を忘れてしまうような空間が、東京の最もアイコニックなエリアである新宿に。

キンプトン新宿東京

 

キンプトン新宿東京の場所とアクセス

西新宿に位置し都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩8分

キンプトン新宿東京の最寄駅は都営大江戸線「都庁前駅」です。A4出口から徒歩8分ほどの距離となっています。

また、東京有数のターミナル駅であるJR「新宿駅」からも徒歩でアクセス可能です。こちらを利用する場合は徒歩12分ほどの距離になります。

<電車でのアクセス>

  • 都営大江戸線都庁前駅:A4出口より徒歩8分
  • JR新宿駅:南口より徒歩12分

 

キンプトン新宿東京の周辺地図はこちらになります。近隣にはハイアット系列の最高級ホテルである「パークハイアット東京」が位置しています。

また、新宿駅からはちょっと距離が離れている分、新宿中央公園や代々木公園など、大規模な公園に挟まれた緑豊かなエリアとなっています。

 

スポンサーリンク

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーの選択肢

レストラン「ディストリクト」で2種類のアフタヌーンティーを提供

さて、そんなキンプトン新宿東京では、ホテル内のレストランである「ディストリクト(District)」でアフタヌーンティーを提供しています。

ただし、提供内容は平日(月曜日から金曜日)と土日で異なるため注意が必要です。

平日は「ピエール・エルメ(PIERRE HERME)」とのコラボメニューとなっています。ブランチメニューとスイーツの両方が楽しめる内容になっているのが特徴です。

一方で土日は、現代美術をコンセプトに創られた「Art Afternoon Tea」となっています。スイーツとカナッペといったアフタヌーンティーの定番メニューと季節のウェルカムドリンクが楽しめる内容となっています。

<アフタヌーンティーの選択肢>

  • 平日(月曜日から金曜日):
    • テーマ:All Day Afternoon Tea with PIERRE HERME PARIS
    • 価格:6,325円(税サ込)
  • 土日:
    • テーマ:Art Afternoon Tea
    • 価格:7,464円(税サ込)

 

どちらを利用しようか迷ったのですが、以前別のホテルでピエール・エルメとのコラボメニューを利用してとても満足度が高かった経験がありました。

 

そこで今回もピエール・エルメとのコラボメニューとなっているところに惹かれ、平日限定の「All Day Afternoon Tea with PIERRE HERME PARIS」の方を利用することにしました。

 

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーをブログレポート:ディストリクト(District)

さて、それではここからはキンプトン新宿東京の「ディストリクト」で体験した実際のアフタヌーンティーの様子をご紹介していきたいと思います。

ホテルの外観

キンプトン新宿東京の外観はこんな感じです。

17階建てのビルになっており、1階にカフェとレセプション、2階にレストラン、3階から13階に客室、14階から17階にチャペルや宴会場が配置されています。

キンプトン新宿東京:外観

 

キンプトン新宿東京のエントランスはこんな感じです。モダンでおしゃれな雰囲気ですね。それでは早速中に入ってみましょう。

キンプトン新宿東京:エントランス

 

ホテルのロビー

エントランスからロビーに足を踏み入れると、正面には大きなアート作品が展示されています。また、そこからシームレスにカフェ「The Jones」へと繋がっています。

キンプトン新宿東京:ロビー

 

今回利用するレストラン「ディストリクト」はホテルの2階に位置しています。エレベーターで2階へと進んでいきましょう。

キンプトン新宿東京:エレベーターホール

 

ディストリクトの雰囲気

エレベーターを2階で降りるとすぐにレストラン「ディストリクト」があります。エントランス脇にはレセプションがありますのでそちらで名前を告げて店内へと進んでいきます。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:エントランス

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:看板

 

ディストリクトの全体像はこんな感じです。中2階の吹き抜け構造となっており、一面に窓が大きくとられています。天井が高く明るく開放感の高い雰囲気です。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:内観(中2階)

 

主に中2階にはテーブル席が、1階にはソファー席が配置されています。1階は窓に面するようにソファー席が配置されており、テラスの眺望を楽しめるように工夫されています。

内装はブルックリン調で、ブラウンやダークグレーといった落ち着いた色調でまとめられています。モダンでかっこいいですね。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:内観(1階)

 

テラスはこんな感じです。天井がガラス張りになっており太陽の光が差し込む開放感の抜群の空間となっています。屋根があるため多少の雨であれば問題なさそうですね。

また、日焼けが気になる方にはパラソルも用意されていますので安心です。ゆとりサイズのソファーがずらずらっと並べれれており居心地良さそうですね。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:テラス

 

ちなみに、こちらのレストラン「ディクトリクト」をはじめ、キンプトン新宿東京のダイニング施設はペット同伴可能となっています。

そのため、私たちがアフタヌーンティーを楽しんでいる間も多数のわんちゃん連れを見かけました。ペット好きも安心して利用できるレストランです。

 

スポンサーリンク

アフタヌーンティーのメニュー

今回は店内窓際のソファー席をアサインいただきました。ソファーにゆったりと座り窓の外のグリーンを楽しむことができるのは良いですね。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:ソファー席

 

テーブルセッティングはこんな感じです。今回はあらかじめ予約してからうがったため、テーブルにはすでにメニューがセットされていました。カトラリーもかわいいですね。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのメニュー

 

メニューはドリンクメニューとフードメニューで構成されています。まずこちらはドリンクメニューです。

ドリンクメニューは、コーヒーや紅茶といった一般的なラインナップに加えて「PIERRE HERME PARIS」が用意されているのが特徴です。

こちらは、ピエール・エルメのオリジナルの紅茶ブレンドとなっています。フードだけでなくドリンクでもピエールエルメを堪能できるのは嬉しいですね。

<ドリンクメニュー>

  • コーヒーセレクション
    • ブレンドコーヒー
    • コールドブリュー
    • カフェラテ
    • カプチーノ
  • PIERRE HERME PARIS
    • イスパハン
    • セレモニー
    • ジャルダン ド ピエール
    • ホットチョコレート
  • TEA SELECTION
    • ダージリン
    • アールグレイ
    • フレッシュハーブティー

 

続いてフードメニューはこちらになります。サラダとメイン、スイーツの3品で構成されています。メインについては、4つの中から好きなものを選択することができます。

スイーツは8種類がセットの盛り合わせになっています。ピエール・エルメのチーズケーキとマラロンをメインにした構成となっています。

<フードメニュー>

  • サラダ
    • グリーンサラダ
  • メイン(下記より 1 品お選びください)
    • ディストリクトパンケーキ (v)
    • ディストリクト シグネチャー エッグベネディクト
    • ブリオッシュフレンチトースト バナナラムレーズン・味噌&バニラビーンズアイスクリーム (v)
    • コーネルスタイル 鶏モモ肉・ジャンバラヤ・トマト&オクラサルサ
  • 8 種類のスイーツ
    • ピエール・エルメ・パリ ニューヨークチーズケーキ
    • ピエール・エルメ・パリ マカロン アンフィニマン シトロン (v)
    • マンゴーパッション シュークリーム
    • トランスルーセント トロピカルタルト
    • マンゴーターキッシュデライト (v)
    • トロピカル カヌレ (v)
    • オレンジレアチーズケーキ
    • バニラトロピカルケーキ

 

ちなみに、テーブルの利用時間は3時間となっており、ドリンクについては飲み替えを含めておかわり自由になっています。

美味しいドリンクを心ゆくまでゆっくりと味わうことができますね。

アフタヌーンティーの提供内容

さて、それではここからは、実際にいただいたアフタヌーンティーの提供内容をご紹介していきたいと思います。

ドリンク

まずはドリンクからご紹介したと思います。こちらはピエール・エルメの「イスパハン」の名前を冠した紅茶です。モダンな鉄製のティーポットでやってきました。

フランボワーズやローズの香りがブレンドされており、華やかな一品です。ピエール・エルメの紅茶は3種類ともいただきましたが、どれも香り豊かでとても美味しくいただきました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのドリンク(紅茶)

 

続いてこちらもピエール・エルメから「ホットチョコレート」です。アフタヌーンティーにホットチョコレートがあるのは珍しいですね。

甘すぎない大人味のホットチョコレートでスイーツに合わせても美味しくいただくことができました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのドリンク(ホットチョコレート)

 

こちらはコーヒーのカテゴリーから「カフェラテ」です。ハート形のラテアートがかわいいですね。

こちらのコーヒーは「ONIBUS COFFEE 」が使用されており、豆にもこだわっているということでした。こちらもとても美味しかったです。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのドリンク(カフェラテ)

 

ドリンクについては、他のホテルに比べて品数豊富というわけではありませんが、どれも美味しく粒揃いという感じでした。

ただ、デカフェのメニューが少ないのでカフェインが苦手の方は注意が必要です。ハーブティーなど、でカフェのメニューが充実すると嬉しいですね。

 

フード

続いてはフードをご紹介したいと思います。まず最初に前菜としてサラダが提供されます。サラダはレタスとトマトにオリーブオイルとチーズでシンプルに仕上げたものでした。

野菜は新鮮で、特にトマトが甘くてとても美味しくいただきました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのフード(サラダ)

 

続いてはメインです。こちらは私が選択した「コーネルスタイル 鶏モモ肉・ジャンバラヤ・トマト&オクラサルサ」です。

写真だと小さく見えますが大きなお皿に盛られておりなかなかボリューミーな一品です。

ピリ辛に仕上げられたトマトベースのジャンバラヤの上に、甘いタレで味付けされた鶏肉が乗せられています。

鶏肉はやわらかくジューシーで、スパイシーなジャンバラヤとの相性抜群でした。こちらもとても美味しくいただきました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのフード(メイン:ジャンバラヤ)

 

こちらは妻がオーダーした「ディストリクト シグネチャー エッグベネディクト」です。見た目が美しくでパンケーキみたいですね。

自家製クランペット(軽食パン)の上に、ポーチドエッグとスモークサーモンが乗せられています。ソースには「ウニ」があしらわれており、海を感じさせるエッグベネディクトとなっていました。

こちらもとても美味しくいただきました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのフード(メイン:エッグベネディクト)

 

そして、メインが食べ終わるとお待ちかねのスイーツがやってきます。スイーツはこんな感じで横長のトレイに乗せられて一気にやってきました。

今回は季節として「サマー」がテーマになっているため、全体的な色彩としては「イエロー」に統一されており、食材としてはマンゴーやオレンジ、トロピカルフルーツ、パイナップルなどが利用されています。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのスイーツ

 

ピエール・エルメとのコラボということで、「ピエール・エルメ・パリ ニューヨークチーズケーキ」の上にはシンボルとも言える「P」のエンブレムが輝いていますね。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのフード(ピエールエルメ)

 

全体的に同じ傾向のフルーツを利用しているせいか、味が全体的に似てしまっていたのはちょっと残念でしたが、どれも間違いのない美味しさでした。

なかなかボリュームのあるメインの後でしたが、それぞれのポーションが小さめということもあり、最後まで美味しくいただくことができました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーのフード(デザート)

 

こちらのアフタヌーンティーは、前菜とメイン、スイーツがセットとなった内容となっており、純粋なアフタヌーンティーというよりも、豪華なデザート付きのランチコースといった趣でした。

メインもかなりボリュームがありますので、ランチの代替として利用するのが一番適しているのではないかと思います。

ドリンクもフードもどれもとても美味しく、レストランの雰囲気もおしゃれです。スタッフのサービスもフレンドリーかつ丁寧ですので、楽しい時間が過ごせるのではないかと思います。

テーブルの利用時間も3時間とたっぷりありますので、食後もゆったりと過ごすことができるのも良いですね。デートにも女子会にもオススメです。

 

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーの予約方法

スポンサーリンク

レストラン予約サイトの「一休」経由がお得

「キンプトン新宿東京」のアフタヌーンティーには、レストラン予約サイトの「一休」を利用しました。

今回ご紹介した平日限定の「All Day Afternoon Tea with PIERRE HERME PARIS」というコースは、定価「6,325円」となっていますが、20%引きの「5,000円」で利用することができました。

キンプトン新宿東京「ディストリクト」:アフタヌーンティーの価格(一休)

 

「一休」を経由した場合は、ポイントを貯められる&使えるのも良いですね。公式サイトから予約するよりもお得になりました。

「キンプトン新宿東京」のアフタヌーンティーの最新価格はこちらからご確認ください。

「アフタヌーンティー」の最新価格はこちら!

 

また、その他ホテルを含むアフタヌーンティー特集はこちらをご参照ください。

 

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーの動画はYouTubeに公開中

キンプトン新宿東京のアフタヌーンティーの様子は動画にまとめてYouTubeにもアップしています。動画の方が雰囲気を感じやすいと思いますので、こちらもぜひご鑑賞ください。

 

まとめ

今回は、キンプトン新宿東京のレストラン「ディストリクト」でいただしたアフタヌーンティーの様子をご紹介しました。

こちらのアフタヌーンティーは、平日限定で「ピエール・エルメ」とのコラボメニューを提供しています。

内容としては、前菜・メイン・スイーツという構成となっており、純粋なアフタヌーンティーというよりは、豪華なスイーツ付きのランチといった趣となっています。

ドリンクもフードもどれもとても美味しく非常に満足度の高い内容となっており、優雅で楽しい午後の時間を過ごすことができました。

価格的にも、提供される内容やレストランの雰囲気、スタッフのサービスから考えると幾分かリーズナブルになっていると思います。機会があれば、またぜひ利用させていただきたいと思います。

 

それでは、また!

 

キンプトン新宿東京関連記事

こちら「キンプトン新宿東京」には宿泊もさせていただきました。その様子はこちらの記事でまとめております。ぜひ合わせてご参照ください。

 

アフタヌーンティー関連記事

東京都内のアフタヌーンティーはこちらの記事で紹介しております。こちらもぜひ合わせてご参照ください。