【2023年2月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

モアナサーフライダーで朝食!ザ・ベランダのビュッフェとコンチネンタルを体験レポート!

モアナサーフライダーで朝食(Top画像)

モアナサーフライダーで朝食!ザ・ベランダのビュッフェとコンチネンタルを体験レポート!

モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)はハワイを代表する歴史ある老舗かつ高級ホテルです。今回の年末年始ハワイ旅行の初日の宿泊ホテルとして利用しました。我々は、モアナサーフライダーが属するマリオットグループの上級資格である「プラチナプレミア」ステータスを保有していますので、その特典としてレストラン「ザ・ベランダ」での朝食を無料でいただくことができました。そこで当記事では、この「ザ・ベランダ」での朝食ビュッフェの様子を詳しくレポートしていきたいと思います。

更新履歴(2020年11月8日):2022年10月再訪時の最新情報を追記しました。

目次

モアナサーフライダーとは

モアナサーフライダーはワイキキ最古のホテル

モアナサーフライダーは、ハワイを代表するホテルの1つです。1901年に創業し「ワイキキのファーストレディー(貴婦人)」もしくは「白い貴婦人」と呼ばれています。

モアナサーフライダーは、ワイキキ最古のホテルとしての伝統を誇り、優雅なロビーや客室、きめ細やかなサービスなどを提供する、高級ホテルとしても知られています。

モアナサーフライダーの外観

 

モアナサーフライダーはワイキキ中心のビーチ沿いに建つ絶好の立地

モアナサーフライダーの周辺地図はこちらになります。モアナサーフライダーは、ワイキキビーチのほぼ中心部に建つ、オンザビーチの絶好のロケーションのホテルです。

ビーチにもショッピングにも観光にも、とても便利な立地となっています。

 

モアナサーフライダーの公式Webサイトは以下になります。

 

モアナサーフライダーのレストラン「ザ・ベランダ」とは

ザ・ベランダでは朝食からアフタヌーンティーを提供

「ザ・ベランダ」は、モアナサーフライダーの1階に位置するレストランです。朝食とランチ、アフタヌーンティーを提供しています。

モアナサーフライダーのシンボルである「バニヤンツリー」がある中庭に面しています。また、テラス席の一部からは海を臨むこともでき、優雅な雰囲気を味わうことができます。

モアナサーフライダーの公式Webサイトでは以下のように紹介されています。

ザ・ベランダは、モアナ サーフライダーの長い歴史を感じさせるリラックスした優雅な空間で、朝食とランチ、アフタヌーン・ティーをお楽しみいただけるレストランです。クラシカルなビクトリア様式の建築、中庭に大きな木陰をつくるバニヤンツリー、そしてワイキキ・ビーチの波の音を、美味しいお食事やお茶とともに心ゆくまでご堪能ください。

 

「ザ・ベランダ」の営業時間は以下になります。

<ザ・ベランダの営業時間>

  • 朝食:毎日 6:00AM~10:30AM
  • ランチ:毎日 11:30AM~2:30PM
  • アフタヌーンティー:毎日 11:30AM~2:30PM

 

スポンサーリンク

ザ・ベランダではプラチナ特典として無料朝食を提供

今回我々は、年末年始ハワイ旅行の初日の宿泊ホテルとして、モアナサーフライダーを利用しました。

モアナサーフライダーはマリオットグループに属しており、会員プログラムは「マリオットボンヴォイ」になっています。

 

私はそのマリオットボンヴォイで「プラチナエリート」ステータスを保有しておりましたので、その特典としてレストラン「ザ・ベランダ」での朝食を無料でいただくことができました。

「ザ・ベランダ」の朝食の時間帯では、ビュッフェとアラカルトを提供していますが、「プラチナエリート」の特典として無料でいただけたのは、朝食ビュッフェの方になります。

代金は、通常であれば、大人37ドル、子供(6~12歳)18ドルという設定になっています。今回我々は、夫婦2名で利用しましたので、74ドル分を特典として無料でいただくことができました。とってもお得ですね。

モアナサーフライダーのチェックインカウンター

 

「ザ・ベランダ」で朝食をいただくには、プラチナ特典の「ウェルカムギフト」でレストランでの無料朝食を選択する必要があります。標準の無料朝食の特典は、クラブラウンジでの提供となります。

モアナサーフライダーでのプラチナ特典の詳細は以下の記事をご参照ください。

 

モアナサーフライダーでのクラブラウンジでの朝食の様子は以下の記事をご参照ください。

 

MEMO

2022年10月再訪時には「ザ・ベランダ」での朝食ビュッフェは休止になっていました。代わりにプラチナ特典の無料朝食としては「コンチネンタル朝食」が提供されていました。

 

ザ・ベランダの朝食ビュッフェを体験レポート(2019年1月)

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「ザ・ベランダ」での「朝食ビュッフェ」の様子をレポートしていきたいと思います。

2022年10月に体験した「コンチネンタル朝食」の様子は次のセクションでご紹介していきます。

朝食ビュッフェ:外観と全体の雰囲気

「ザ・ベランダ」は前述のとおり、モアナサーフライダーの1階に位置するレストランです。モアナサーフライダーのシンボルである「バニヤンツリー」がある中庭に面しています。

 

我々は朝7時半ぐらいに伺いましたが、お店の前には既に、こんな感じの行列ができていました。人気の朝食レストランであることがわかりますね。

 

「ザ・ベランダ」には、テラス席と室内席があります。

我々は「海の見える席」をリクエストしてみましたが、あいにく塞がっているということで、バニヤンツリーを眺めることができるテラス席を選択しました。(海もすごくちょっとだけ見えます。笑)。

 

バニヤンツリーと海を臨むテラス席は、明るく開放感があり、最高の雰囲気です。

 

朝食ビュッフェ:ドリンクの品揃え

席に着くと、ドリンクとして、コーヒーか紅茶をオーダーすることができます。料金はもちろん、ビュッフェ料金に含まれています。

 

その後は、ビュッフェテーブルにフルーツジュースが用意されていますので、好きなものをいただくことができます。この日用意されていたのは、スイカ、オレンジ、グレープフルーツ、グァバの4種類でした。

 

朝食ビュッフェ:フードの品揃え

フードに関しては、ビュッフェ形式となっています。好きなものを好きなだけいただけるシステムですね。

品数豊富な充実ビュッフェ

ビュッフェテーブルはこちらの写真のように、室内に用意されています。一角全てがビュッフェコーナーになっており、品数豊富な充実ビュッフェとなっています。

 

こちらはパン各種。クロワッサンからデニッシュ、食事パンまで、品数豊富ですね。ジャムやバターも用意されています。トースターもありますね。

 

こちらは、サラダとハム、サラミなどなど。サーモンなどもありました。

 

こちらはフルーツ各種。メロンやパイナップル、グレープフルーツ、などなど。

 

ヨーグルトなんかもあります。

 

こちらはパンケーキ。マカダミアナッツやブルーベリー、チョコレートなどのシロップも用意されていました。

 

また、ナッツやフルーツなどのトッピングも豊富に用意されています。好みに応じていろいろとカスタマイズできそうです。

 

こちらは和食のコーナー。ご飯とお味噌汁、納豆などに加えて、ちょっとしたお惣菜が用意されていました。それほど種類が多いわけではありませんが、和のものがあると、ちょっと落ち着きますね。

 

エッグステーションでは出来立てのオムレツを提供

フードの中でも、長い行列ができていたのがエッグステーションです。こちらのエッグステーションでは、具を自分でチョイスして、オリジナルのオムレツを作ってもらうことができます。

具は、ベーコンやチキン、マッシュルームなどに加え、各種野菜などが用意されていました。

 

自分で具をチョイスしてオーダーすると、チーズ入りかどうかを聞かれた後、目の前で調理してくださいます。とても手際よく、次から次へとオムレツができていく様は、なかなか爽快です。

そして、できたてのオムレツは、やっぱりとても美味しそうです。行列ができる理由がわかります。

 

朝食ビュッフェ:いただいたもの

そんなこんなで、いただいたものはこちらになります。まずは、サラダとサーモン、ハムなどなど。朝食の定番ですね。

また、ホットミールのコーナーにエッグベネディクトも用意されていましたのでいただいてきました。どれも、素材の良さがわかる美味しさ。なかなかレベル高いです。

 

こちらは、エッグステーションでいただいてきたオムレツ。見た目はあまり美味しそうに見えませんが、チーズたっぷりのボリュームのあるオムレツで、とても美味しくいただきました。

やはり、できたてのオムレツは間違いありません。

 

こちらは、パンケーキにマガダミアナッツのソースをかけて、いろいろとトッピングを加えたものです。甘さ爆発なお味ですが、朝には甘すぎるぐらいが良いですよね。元気が出ます。

 

そして、最後はフルーツでフィニッシュです。中央のパパイヤが熟れ熟れでとても美味しかったですね。また、ハワイのスイカはさほど美味しくないことが多いのですが、こちらのスイカはなかなかでした。

 

フルーツのレベルが高いと、全体的な満足度があがります。以上、ごちそうさまでした。

 

スポンサーリンク

朝食ビュッフェ:利用した感想

こちら「ザ・ベランダ」の朝食ビュッフェは、品数豊富で充実した内容でした。

ハワイでの朝食ビュッフェというと、大味で種類が少ないのが通例ですが、良い意味で期待を裏切られました。さすが、モアナサーフライダーといった感じです。

特に、エッグステーションでできたてのオムレツをいただけるという点と、新鮮で質の高いフルーツをいただけるという点がポイントが高かったですね。この2点が、全体的な満足度を底上げしているように感じました。

また、バニヤンツリーと海を望めるテラス席は、明るく開放感があり、ハワイ感を高めてくれました。ハワイ初日の朝食としては、最高の雰囲気でしたね。

 

ザ・ベランダのコンチネンタル朝食を体験レポート(2022年10月)

それでは続いては、2022年10月に体験した「コンチネンタル朝食」の様子をご紹介していきたいと思います。

コンチネンタル朝食:外観と全体の雰囲気

コンチネンタル朝食の提供場所はホテル内のレストラン「ザ・ベランダ」になります。入口のところにレセプションがあり、こちらでルームナンバーを提示して利用します。

 

案内される際に海側の席を希望したところ、なんとテラス席の中で一番海に近い特等席をアサインいただくことができました。朝からラッキーですね。

 

席に着くと、ワイキキビーチを一望することができます。素晴らしい眺望と波の音を楽しみながら朝食をいただけるなんて夢のようですね。とっても優雅な気分です。

 

コンチネンタル朝食:メニュー

席につくとメニューの説明があります。

エリート特典の無料朝食の場合「コンチネンタル朝食」を無料でいただくか、コンチネンタル朝食を18ドルのデポジットとして利用して通常メニューをオーダーするかのどちらかだということでした。

 

以前はアップグレードメニューもあったそうですが、私が利用したタイミングでは通常メニューのみの提供で、こちらからオーダーする場合は18ドルマイナスになるという説明でした。

 

今回は夫婦2名で利用しており、1つは無料朝食としてスタンダードとなる「コンチネンタル朝食」を、もう1つは「エッグベネディクト」をオーダーしました。

エッグベネディクトは通常メニューでは「34ドル」になりますので、これが18ドル引きの「16ドル」で利用できるという計算になりますね。

<オーダーしたもの>

  • コンチネンタル朝食:無料(18ドル相当)
  • エッグベネディクト:16ドル(=34ドル-18ドル)

 

コンチネンタル朝食:提供内容

コンチネンタル朝食には、コーヒーとジュースがセットで提供されます。これは通常メニューにアップグレードした場合も変わらず提供されます。

この日はホットコーヒー2つと、オレンジジュースとアップルジュースをいただきました。ジュースとしては、このほかにもグアバやパイナップルなどの選択肢がありました。

ジュースはおかわり不可ですが、コーヒーはおかわり自由になっています。

 

しばらくドリンクを飲んでまっていると「コンチネンタル朝食」がやってきました。コンチネンタル朝食は、フルーツとヨーグルト、パンというシンプルな内容になっています。

フルーツは新鮮でパンも焼きたて感がありとても美味しいです。

また、写真だとわかりずらいですが、フルーツもヨーグルトもモリモリで、パンも大きさがあるので、大人でも十分にお腹いっぱいになるボリュームがあります。

 

パンには、グアバとストロベリーをベースにしたジャムとバターも添えられていました。

 

そしてこちらが通常メニューからオーダーした「エッグベネディクト」です。具材してはハワイっぽく「カルアポーク」を指定しました。

エッグベネディクトはポーションが大きく、お肉もたっぷり入っているため食べ応えがあります。ポテトだけでなくサラダも添えられているのは嬉しいですね。

 

卵を割ってみるとこんな感じで黄身がとろりと流れ出してきます。火加減もバッチリですね。オランデーソースと一体となってとても美味しくいただきました。

 

今回は、夫婦2人で「コンチネンタル朝食」と「エッグベネディクト」をシェアしていただきましたが、どちらもボリュームがあるため食べきれないぐらいにお腹いっぱいになりました。

食材のクオリティーが良いのかどちらも味が良く、眺望はもちろん最高で大満足の朝食になりました。

ごちそうさまでした。

ハワイでは物価高&円安が進んでおりハワイ旅行の滞在費用の負担が大きくなっています。エリート会員になれば楽しみながらコストを抑えられるのは嬉しいですね。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

モアナサーフライダーの宿泊レポートを動画でご紹介

こちら「モアナサーフライダー」には、2020年1月に再度訪問しました。

その時の宿泊の様子はダイジェスト動画としてまとめ、YouTubeにアップしております。ぜひ合わせてご参照ください。

 

まとめ

今回は、モアナサーフライダーのレストランである「ザ・ベランダ」の朝食ビュッフェの様子をご紹介しました。通常であれば、大人1人37ドル必要になりますが、我々は「プラチナプレミア」ステータスの特典として、夫婦2名ともに無料で利用することができました。

モアナサーフライダーのシンボルである「バニヤンツリー」が位置する中庭と海を臨むテラス席は雰囲気も良く、用意されているフードとドリンクも満足できるレベルのものでした。さすがモアナサーフライダーといった感じです。

こんな素晴らしい朝食を、夫婦そろって無料でいただけたというのは、とってもお得でした。本来であれば74ドルが必要になるわけですからね。がんばって「プラチナ会員」になった甲斐がありました。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<ハワイ旅行記2019の目次、記事一覧>

 

それでは、また!

 

関連記事