【2022年12月最新】ポイントサイトの入会特典ランキング!ここからの登録で最大1万円以上お得!

モアナサーフライダーのプラチナ特典をレポート!スパの無料利用が至高!

モアナサーフライダーのプラチナ特典をレポート!スパの無料利用が至高!

モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach)はハワイを代表する歴史ある老舗かつ高級ホテルです。年末年始ハワイ旅行の初日の宿泊ホテルとして利用しました。今回、我々はモアナサーフライダーが属するマリオットグループの上級資格である「プラチナエリート」ステータス保有者として宿泊することができました。そこで今回は、モアナサーフライダーで用意されている客室のアップグレードやクラブラウンジ、無料朝食などのプラチナ特典と、その適用結果を詳しくレポートしていきたいと思います。

更新履歴(2020年11月8日):2022年10月再訪時の最新情報を追記しました。

モアナサーフライダーとは

モアナサーフライダーはワイキキ最古のホテル

モアナサーフライダーは、ハワイを代表するホテルの1つです。1901年に創業し「ワイキキのファーストレディー(貴婦人)」もしくは「白い貴婦人」と呼ばれています。

モアナサーフライダーは、ワイキキ最古のホテルとしての伝統を誇り、優雅なロビーや客室、きめ細やかなサービスなどを提供する、高級ホテルとしても知られています。

 

モアナサーフライダーはワイキキ中心のビーチ沿いに建つ絶好の立地

モアナサーフライダーの周辺地図はこちらになります。モアナサーフライダーは、ワイキキビーチのほぼ中心部に建つ、オンザビーチの絶好のロケーションのホテルです。

ビーチにもショッピングにも観光にも、とても便利な立地となっています。

 

モアナサーフライダーの公式Webサイトは以下になります。

 

モアナサーフライダーのプラチナ特典とは

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイのプラチナ会員が受けることができる主な特典

モアナサーフライダーは、世界最大のホテルグループであるマリオット系列のホテルです。

このマリオットの会員プログラムは「マリオットボンヴォイ」という名称になっており、宿泊実績などによりエリート会員になることができます。

プラチナ会員は年間50泊で獲得できるステータスです。プラチナ会員になるとマリオットグループのホテルの宿泊時に、以下のような特典を受けることができます。

<プラチナ会員が受けられる主な特典>

  1. ご滞在ごとのボーナスポイント(50%
  2. 一部スイートを含むより望ましい客室へのアップグレード (空室状況に依存)
  3. 午後4時までの レイトチェックアウト
  4. ラウンジへのアクセス
  5. プラチナウェルカムギフト (500または1,000ポイント、無料の朝食、アメニティから選択)

 

今回私は「プラチナエリート」としてこちらのホテルを利用することができました。

ですので、当記事の後半では、モアナサーフライダーにおいて、実際にどのような特典を受けることができたのかを確認していきたいと思います。

MEMO

マリオットのホテルプログラムである「マリオットボンヴォイ」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

モアナサーフライダーで受けることができるプラチナ特典

モアナサーフライダーの場合、チェックイン時のプラチナ特典の説明書きをいただくことができます。そして、嬉しいことに、日本語のものが提供されます。具体的には以下のようになっています。

 

こちらの説明書きには、プラチナだけでなく、通常のメンバーからシルバー、ゴールドの特典までが網羅されておりとても便利です。

写真だとわかりづらいと思いますので、以下にプラチナの特典を転記しておきますね。

<モアナサーフライダーでのプラチナ特典>

  • プラチナエリートウェルカムギフト:ベランダにてデイリーコンチネンタル朝食(2)名様分、ローカルギフト、又は、ボーナス1,000ポイント(いずれかひとつをご選択ください)
  • モアナラニスパ:15%割引 全メニュー、10%割引 商品(パッケージやセール品を除く)
  • モアナラニスパ:1日施設利用、大人2名様(18歳以上。プラチナ会員様と同部屋に登録されている方に限る)
  • 無料モアナビーチクラブラウンジへのアクセス
  • チェックイン時にお部屋のアップグレード(空室状況によります)
  • ビーチパラソルのレンタル20%割引
  • 15%割引 ビーチパラソル、またはプールかバナのレンタル(当日1日利用のみ。予約不可)

 

書いてある内容は、基本的にはマリオットグループ共通のものが多いのですが、モアナサーフライダー特有の特典として注目なのが「モアナラニスパ:1日施設利用」です。

高級スパと名高い「モアナラニスパ」を無料で利用することができます。しかも、これは宿泊中、何回でも利用することができますので、とってもお得となっています。

こちらの施設の様子についても、記事の中でご紹介していきたいと思います。

注意

2022年10月再訪時には「モアナラニスパ:1日施設利用」の特典はなくなっていました。コロナ感染対策の一貫と思われます。いつか復活するのを願うばかりです。

 

モアナサーフライダーのプラチナ特典の適用結果をレポート

客室のアップグレード

モアナサーフライダーのプラチナ特典の適用結果、まずは、気になる客室のアップグレードを確認してみたいと思います。

利用したポイントとアップグレードの結果

今回、モアナサーフライダーには、マリオットのポイントを利用して無料宿泊しました。

予約した客室のグレードは「ゲストルームシティービュー」という一番下のカテゴリーのもので、利用したポイントは「60,000ポイント」でした。

そして、結果としては、「シティービュー」から「タワーパーシャルオーシャン」へのアップグレードとなりました。

グレードとしては、以下のように4段階ほどのアップグレードとなりますね。

<モアナサーフライダーの客室のグレード>

  • ヒストリック・バニヤン・ルーム <=当初予約
  • ダイヤモンド・シティー
  • ヒストリック・バニヤン・デラックス
  • タワー・シティー
  • タワー・パーシャル・オーシャン<=アップグレード結果
  • ヒストリック・バニヤン・オーシャン
  • ダイヤモンド・オーシャンフロント
  • タワー・オーシャン
  • タワー・プレミア・オーシャン
  • (これ以上はスイートなので省略)

 

今回は、「プラチナエリート」ステータスで宿泊ということで、本当は、もうちょっと良いお部屋へのアップグレードも期待していました。

ですが、この宿泊時は年末年始ということで、どのカテゴリーも客室は満室状態。そのため、大幅アップグレードとはなりませんでした。ちょっと残念・・。

 

客室の様子

そんなこんなで、今回アサインされたお部屋の様子をご紹介していきたいと思います。全体像としてはこんな感じで、1キングのお部屋となります。

 

アサインいただいたお部屋は「角部屋」となっており、2面に窓とラナイが用意されており、明るく開放感があるのが特徴です。窓を開けると風が通り抜けて、とても快適でした。

同じ「タワー・パーシャル・オーシャン」でも、ちょっと条件の良いお部屋にしてくださったのかもしれません。

 

ラナイはこんな感じです。2人で並んでお茶などができるようになっています。

 

そして、ラナイからの眺望はこんな感じです。パーシャルということで部分的にはなりますが、お部屋から海が眺められるのは、やっぱり良いですね。ハワイ感がぜんぜん違います。

 

今回は設備が充実してる「タワーウィング」となりますので、バスタブとトイレにウォシュレットがついています。バスタブ好き、ウォシュレット好きの日本人にはありがたい限りです。

 

モアナサーフライダーの宿泊記はこちらにまとめています。併せてご参照ください。

 

MEMO

2022年10月再訪時にはチタンエリートとしてこちらのホテルに宿泊しました。SNAを利用して「タワー、プレミアムオーシャンビュー」を予約していましたが、それ以上のアップグレードはありませんでした。モアナサーフライダーはアップグレードには厳しい(渋い)イメージです。

 

レイトチェックアウト

レイトチェックアウトについては、チェックイン時にはリクエストのみで確定せず、確定するのは当日の夜、もしくは翌日の朝になります。

ハワイのホテル、すくなくとも、マリオットグループのホテルはみな同じルールでした。

そんなこんなで、今回の宿泊でも、翌日の朝にレセプションの確認に伺ったところ、14時までのレイトチェックアウトが認められました。

我々の希望が今回14時でしたので、それがそのまま認められた形ですね。

 

MEMO

2022年10月再訪時にはチェックイン当日のリクエストで16時までのレイトチェックアウトが認められました。ただし、翌日12時の段階で部屋の移動が必要でした。

 

スポンサーリンク

ラウンジへのアクセス

モアナサーフライダーには「ビーチクラブ」というクラブラウンジが用意されており、プラチナ会員は、終日無料で利用することができます。

f:id:pipinobu:20170913215959j:plain

 

こちら「ビーチクラブ」の営業時間と提供サービスは以下のようになっています。

<ビーチクラブの営業時間と提供サービス>

  • 営業時間:
    • 毎日 6:00AM~10:00PM
  • 提供サービス:
    • 朝食:6:00AM~10:00AM
    • 日中の軽食:10:30AM~4:30PM
    • 夕刻の軽食:5:00PM~8:00PM
    • アフターサービス:8:00PM~10:00PM

 

この中でも注目は「夕刻の軽食」ですね。一般的には、イブニングカクテルやカクテルタイムと呼ばれているものです。

この時間帯には、アルコールが飲み放題になることに加えて、ププと呼ばれるおつまみも提供されているので、お酒好きにはたまりません。(笑)

注意

2022年10月再訪時にはクラブラウンジはクローズされていました。コロナ感染対策の一環と思われます。コロナ禍を脱しつつある今、再開されることを期待したいですね。

 

ラウンジの雰囲気

「ビーチクラブ」の中の様子はこんな感じです。ビーチ側の一面に窓がとられているので、とても明るくて開放的な雰囲気です。内装もモダンで、余裕のある広さがあります。

f:id:pipinobu:20170913220211j:plain

 

こちら「ビーチクラブ」の特徴は、何と言っても眺望です。テラス席からは、ハワイ感120%の絶景を楽しむことができます。低層階にあるので、ビーチの喧騒や波の音も感じられます。

 

通常の時間帯では、水やコーヒー、ジュースなどのソフトドリンクと、ポップコーンやチョコレートなどのスナックが提供されています。外の景色を眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。

 

夕刻の軽食の様子

「夕刻の軽食」、いわゆる、イブニングカクテルやカクテルタイムと呼ばれる時間になると、アルコールが解禁されます。また、サラダやチーズ、フルーツ、えだまめなどの軽食も、ビュッフェ形式で提供されます。

 

また、この日はカレーなどの、食事の代わりとなるようなフードも提供されていました。

 

「夕刻の軽食」の時間帯は、夕日の時間帯とも重なります。夕日を眺めながらのビールなんて最高です。ハワイならではの贅沢ですよね。

 

モアナサーフライダーのクラブラウンジの詳細については、こちらの記事でまとめておりますので、合わせてご参照ください。

 

無料の朝食

「無料の朝食」については、2つの選択肢があります。一つはさきほどの「ビーチクラブ」でいただくというもの。

もう一つは「プラチナウェルカムギフト」から「朝食」を選択して「ザ・ベランダ」というレストランでいただくというものです。

<無料朝食の選択肢>

  • 「ビーチクラブ」でいただく
  • 「プラチナウェルカムギフト」から「朝食」を選択して「ザ・ベランダ」でいただく

 

私の場合は、2017年夏休みの宿泊時に、「ビーチクラブ」で朝食をいただいていたため、今回は趣向を変えて、「ザ・ベランダ」でいただくことにしました。

 

「ザ・ベランダ」は人気のレストランだけあり、「ビーチクラブ」に比べても品数も質もかなり上となっていました。プラチナ会員の方は、「ザ・ベランダ」を選択するのがオススメです。

 

モアナサーフライダーの朝食の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

MEMO

2022年10月再訪時には、ビュッフェではなくセットメニューの「コンチネンタル朝食」の提供になっていました。フルーツとヨーグルト、パンというシンプルな内容です。

ザ・ベランダ「コンチネンタル朝食」

 

コンチネンタル朝食では寂しいという場合は、通常メニューを18ドル引きでオーダーすることも可能です(その場合、コンチネンタル朝食はもらえません)。この時はエッグベネディクト16ドル(=34ドル-18ドル)でオーダーしました。

ザ・ベランダ「エッグベネディクト」

 

モアナラニスパの1日利用

最後は「モアナラニスパ」の様子をご紹介します。「モアナラニスパ」は、モアナサーフライダー内に位置する高級スパです。1階のエスカレーターから3階にあがり店舗に向かいます。

 

お店の入り口はこんな感じです。中にレセプションがありますので、プラチナ特典として、スパを利用したい旨を伝えましょう。

この日は、日本語のできるスタッフさんもいらっしゃって、とてもスムーズに利用することができました。

 

レセプションから奥は、当然ながら男女で利用スペースが分かれています。また、利用するには、水着の着用が必要となりますので、水着を忘れないようにしましょう。

中にはロッカールームが用意されており、こちらで水着に着替えます。ロッカーの中には、バスローブが用意されていますので、こちらも羽織りながら中に進みましょう。

また、タオルは、施設内の至る所に用意されており、自由に使うことができます。このゾーンにはボディローションやドライヤー、デオドラントなどの用意もあります。

 

施設の中は、豪華で眺望抜群、最高に快適な空間です。こちらは、ジャグジーやサウナなどの利用の前後に利用するリラックススペースです。ベッドタイプのチェアが並べられており、ゆったりとくつろぐことができます。

 

窓は海に面しているため、眺望最高です。位置的には、さきほどご紹介したクラブラウンジのちょうど1階上。クラブラウンジが2階ですので、3階ぐらいの高さになります。

 

窓からは、ワイキキビーチを真正面に捉えることができます。絶好のロケーションです。

 

こちらのリラックススペースには、デトックスウォーターやハーブティーの他、ちょっとしたスナックやフルーツも用意されています。至れり尽くせりです。

 

こちらはジャクジー。

 

ジャクジーも窓に面しているため、優雅にぶくぶくと浸かりながら、ワイキキビーチを眺めるという超贅沢も体験できます。

 

こちらの施設には、サウナも用意されています。しかも、ウェットとドライ、両方が用意されています。こちらはウェットサウナ。

 

続いてこちらはドライサウナです。

 

しかも、サウナ内にも窓が設けられており、外の眺めを楽しむことができます。こちらはモアナのプール越しの海ビュー。サウナに窓がついているのは、とても珍しいですよね。

 

施設内には、もちろんシャワーも完備されています。たっぷり汗をかいても安心ですね。

 

ハワイに来て、昼間からスパに行くような人は少ないのか、終始、混雑するようなことはありませんでした。特に、男性用はほぼ貸し切り状態で、とても優雅な時間を過ごすことができました。

今まで、いくつかのホテルでスパを利用させていただきましたが、間違いなく最高レベルの素晴らしさでした。個人的には、シンガポールの「セントレジス 」のスパと、甲乙つけがたいレベルと感じましたね。

 

いずれにしても、こんな高級スパを無料で利用できるなんて、本当にお得です。プラチナステータスを獲得して、本当に良かったと改めて実感しました。

MEMO

繰り返しになりますが、2022年10月再訪時にはスパ利用特典は廃止になっていました。いつか復活する日を期待したいところです。

 

マリオットの上級会員(ゴールド&プラチナ)に簡単になる方法

マリオットアメックス(プレミアム)保有でゴールド会員資格をもれなく獲得

マリオットの上級会員資格である「ゴールドエリート」を簡単に獲得する方法があります。それは「マリオットアメックス(プレミアム)」を保有することです。

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

マリオットアメックス(プレミアム)の券面

 

マリオットアメックス(プレミアム)は、年会費は「49,500円(税込)」と高額ながらも、その費用を上回る豊富な特典によりホテル好き必携のクレジットカードになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)の主な特徴は以下になります。無料宿泊特典(5万円相当)だけでも年会費負担を相殺することができてしまいます。

また、ポイント還元率やマイル還元率の高さから陸マイラーからも絶大な人気を誇っています。

<マリオットアメックス(プレミアム)の主な特長>

  1. マリオット の「ゴールド会員資格」を自動的に獲得
  2. カード決済でポイント還元率3%&マイル還元率1.25%を実現
  3. マリオットのホテル利用でポイント還元率6%を実現
  4. ポイント有効期限は実質無期限
  5. 貯めたポイントはホテルの無料宿泊や世界40以上の航空マイルに交換可能
  6. 年15泊分の宿泊実績を獲得
  7. 年150万円以上の決済で無料宿泊特典を獲得(5万円相当)
  8. 年400万円以上の決済で「プラチナ会員資格」を獲得

 

マリオットアメックス(プレミアム)の特典からメリット、デメリットの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

プラチナチャレンジでプラチナ会員へのステップアップも容易

私の場合は、マリオットの「ゴールドエリート」となった後にプラチナチャレンジ」を実施することで、マリオットの「プラチナエリート」も獲得しました。

 

また、年400万円以上の決済が可能な方であれば、マリオットアメックス(プレミアム)の特典で「プラチナエリート」を獲得できるのもメリットですね。

プラチナ会員になるとマリオットのホテルでクラブラウンジや無料朝食の特典などが利用できるようになります。

加えて、スイートルームへのアップグレードの可能性も高まりレイチェックアウトも午後4時まで可能になるなど、マリオットのホテル宿泊を最大限に満喫することができます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの主なステータス特典は以下になります。

<ステータス特典(ゴールド&プラチナ)>

  ゴールド プラチナ
ポイントボーナス ◯(25%) ◯(50%)
レイトチェックアウト ◯(14時) ◯(16時)
ウェルカムギフト ◯(250 or 500ポイント) ◯(500 or 1,000ポイント、無料朝食、アメニティから選択)
客室のアップグレード ◯(スイート含む)
ラウンジへのアクセス  

 

スポンサーリンク

入会キャンペーンで年会費負担も軽減可能

マリオットアメックス(プレミアム)では、最大45,000ポイント(=4.5万円相当)を獲得できる入会キャンペーンを実施中です。

初年度の年会費負担をほぼ相殺できるというお得さになっています。

マリオットアメックス(プレミアム)に興味のある方にとっては大チャンスと言えますね。

マリオットアメックスの入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

モアナサーフライダーの宿泊レポートを動画でご紹介

こちら「モアナサーフライダー」には、2020年1月に再度訪問しました。その時の宿泊の様子はダイジェスト動画としてまとめ、YouTubeにアップしております。ぜひ合わせてご参照ください。

 

ハワイ旅行はANAマイルとマリオットポイントで格安に実現可能!

私は2017年から年1回のペースでハワイ旅行に出掛けています。

それも、ANAのビジネスクラスやファーストクラスを利用して、ロイヤルハワイアンモアナサーフライダーといった高級ホテルを渡り歩くという豪華なプランです。

ロイヤルハワイアンの外観

 

これを実現するための秘密はANAマイルとマリオットポイントです。

陸マイラー活動を通して貯めたANAマイルと、マリオットアメックスを活用して貯めたマリオットポイントをで、ほぼ無料(=燃油代の出費のみ)で実現することができています。

2022年のハワイ旅行の費用はこちらの記事でまとめています。

 

陸マイラーのANAマイルの貯め方、およびマリオットアメックスの詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

まとめ

今回は、モアナサーフライダーで受けることができるプラチナ特典と、その適用結果をレポートさせていただきました。

客室のアップグレードに関しては、超繁忙期である年末年始ということもあり、小幅という結果となりました。ただ、その他、クラブラウンジやレイトチェックアウト、無料朝食に関しては、通常通りの特典を受けることができ、満足できる宿泊となりました。

また、今回、モアナサーフライダー独自の特典として「モアナラニスパ」を無料で利用することができました。記事の中でご紹介させていただいたとおり、「モアナラニスパ」は豪華で眺望抜群、最高に快適な空間でした。

こんな高級スパ施設を無料で利用できるというのは、本当に素晴らしいことです。今後、改悪されて利用できなくなることがないように、祈るばかりです。

 

==>次の記事

 

<==前の記事

 

<ハワイ旅行記2019の目次、記事一覧>

 

それでは、また!

 

関連記事